« 花の白馬岳を歩く(4)ココマクサ | トップページ | 再びの白馬岳(1)大雪渓から葱平へ »

2011/08/04

花の白馬岳を歩く(5)白馬大池畔

   <チングルマ>
20110726dsc00834b 白馬大池は雪解けの水を集めた透明度の高い澄んだ池です。周囲は雪田が残る湿地帯、高山植物が豊富なところです。ハクサンコザクラ、タテヤマリンドウが群落を作っています。チングルマは盛りを過ぎていますが、まだ花をつけた株が残っていました。

<白馬大池畔>                       20110726dsc00848b

    <ハクサンコザクラ>
20110726dsc00841b ハクサンコザクラは小さい風車のように池面を渡る涼風にクルクル回っているようにみえます。
 白馬大池から下山地栂池高原まで後2.5時間、蓮華岳から天狗原への下りは、雪田を幾つか渡り、膝が割れるほどの岩の下りが続きます。

<イワイチョウ>                         20110726dsc00829b  天狗原は水を湛えた湿地帯でワタスゲ、ヒオウギアヤメが咲いています。4年前ここを通ったのですが、同じ場所にヒオウギアヤメが女王のように鮮やかに、ワタスゲを従えて立っています。
 白馬岳の山域なんどきてもあきない素晴らしい山域です。次回はまだ訪れたこののない秋の季節に歩くことにします。

<ヒオウギアヤメ>
20110726dsc00854b

|

« 花の白馬岳を歩く(4)ココマクサ | トップページ | 再びの白馬岳(1)大雪渓から葱平へ »

コメント

コメントありがとうございます。
 穂高ですか、いいですね。白馬と異なり岩の殿堂ですね。FBに写真&感動をのせてくださいね。
このところ表銀座、裏銀座とか穂高連峰は仰ぎ見るばかり、足が上がるうちにもう一度歩いておきたいです。そそられます。
 僕は尾瀬で再会した折同行していた大学院の若い縁者の要請で8月8日から再び大雪渓を登ります。今回はのんびり。夜行バスではなく前泊。

投稿: 懐中電灯→石川安信さん | 2011/08/06 11:06

白馬山行 素晴らしかったですね  残雪 と 高山植物 いいです  ハクサンコザクラ シャープな一枚です 
昨年9月白馬大池~八方尾根に抜けましたが チングルマはひげのみ ウルップソウは茶色の葉のみ など高山植物との遭遇は記憶にありません
延びていた穂高は8日出発です 白馬のようにいい山行をしたいですね

投稿: 石川 安信 | 2011/08/05 05:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/52382881

この記事へのトラックバック一覧です: 花の白馬岳を歩く(5)白馬大池畔:

« 花の白馬岳を歩く(4)ココマクサ | トップページ | 再びの白馬岳(1)大雪渓から葱平へ »