« 再びの白馬岳(4)白馬鑓温泉へ | トップページ | 前川正雄著「マエカワはなぜ『跳ぶ』のか」を読む »

2011/08/21

再びの白馬岳(5)雪渓をトラバースして下山

  <雪渓のトラバース>20110811dsc01057                                         
 8月11日いよいよ下山の日、4:30から露天風呂に浸かって日の出を待ちます。北信五岳からのご来光を湯船の中で拝む。
 迂闊にもカメラを小屋においてきてしまい折角のご来光を逃してしまいました。
 

                              <クガイソウ>         20110811dsc01062b            ここからの下山は幾つかの雪渓をトラーバースしていきます。雪解けが進み雪渓上の踏み後の先にクレバスが大きな口を空けていたりして、同行の二人も幾分緊張気味。
 

     <クガイソウ>20110811dsc01064                                         
 下山口猿倉まで4時間半の道のり、のんびり歩いても午前中には下山してしまうので、折角登ったのに勿体ない、心なしか後ろ髪を引かれる思いの下山路です。道々名前を知らない花をカメラに収め、帰宅して植物図鑑から名前を見つけるのも山歩きの楽しみに一つです。

                                                 
                         <タテヤマウツボグサ>
                    20110811dsc01065

今回もいくつか新しい花に出会うことができました。奇妙な白い産毛の生えた植物を珍しさでとりました。図鑑を調べるとチョウジギク、白い茎の先に黄色い花が咲きます。

<チョウジギク>
20110811dsc01068 振り返ると、白馬鑓温泉小屋が雪渓の脇に小さく見えます。トラバースした雪渓も、越えてきた尾根も、又いつかこの道を登ってくることになるのではと予感しながら。

<白馬鑓温泉遠望>                  20110811dsc01074 JR白馬駅で先を急ぐHさんと別れ、駅から徒歩7~8分のところにある小さな日帰り温泉「みみずくの湯」で汗を流すことに。
 二週間前にも従兄弟と入った小さいけれど源泉かけ流しの湯、今日はTさんと二人んびり浸かって、足の傷みを和らげ、残り物のピーナッツと缶ビールで喉を癒し帰路につきました。
 後立山山域は長野新幹線ができて、JR白馬駅からバスを乗り継ぎ最短3時間で東京駅便利になりました。
 往路30%引きのシルバー割引が帰路11日はお盆入りで一日違いで、割引が効かないのはちょっと残念。
 日頃「ちょっとした割引には騙されないぞ」と自分に言い聞かせている僕もJRの30%割引は有り難い「年を取るのも悪くないなぁ、時間も自由に取れるし」と思う瞬間でもあります。

|

« 再びの白馬岳(4)白馬鑓温泉へ | トップページ | 前川正雄著「マエカワはなぜ『跳ぶ』のか」を読む »

コメント

コメントありがとうございます
石川安信さん
好天の奥穂高よかったですね。岳沢から登ったのですか?
 来年の白馬是非歩いてください。時間が取れれば、朝日岳への道をお奨めします。静かな山行を楽しめます。
 奥穂高久しく登っていないので、登りたくなりました。年齢的にもアルプスはこの一、二年と思っているので。9月下旬に南アの白根三山か?と迷っているところ。

投稿: 懐中電灯→石川安信さん | 2011/08/28 18:31

白馬山行お疲れさまでした。 わずかな時間を空けて二度の山行は余程のタフさが要求されると思います。これから後を行く私にとり勇気をたくさんもらいました。 私も来年は白馬大雪渓を歩きたいですね。
友人の定年退職記念としてスタートした山行も初年度尾瀬沼・八ヶ岳、次年度槍ヶ岳、本年奥穂高岳と無事に終わりました。天候にも恵まれましたが、奥穂山頂での堅い握手と下山後の涸沢ヒュッテでの生ビールの味が忘れられないものとなりました。

投稿: 石川 安信 | 2011/08/26 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/52521565

この記事へのトラックバック一覧です: 再びの白馬岳(5)雪渓をトラバースして下山:

« 再びの白馬岳(4)白馬鑓温泉へ | トップページ | 前川正雄著「マエカワはなぜ『跳ぶ』のか」を読む »