« 前川正雄著「マエカワはなぜ『跳ぶ』のか」を読む | トップページ | 八ヶ岳縦走(1)編笠山から権現岳へ »

2011/09/18

生活習慣病は、食習慣病だ!


書名-「成功する人は缶コーヒーを飲まない」
著者-姫野友美
出版社-講談社+α新書

書名-「心療内科に行く前に食事を変えなさい」
著者-姫野友美
出版社-青春出版社

書名「医者も知らないアドレナル・ファティーグ-疲労ストレスは撃退できる-」
著者-ジェームズ・L/ウィルソン
翻訳ー本間良子(監修本間龍介)

①はいかにも売れそうな書名ですが、残念ながら、書店の店頭では僕の眼には止まらないタイトルです。もう「成功する」という文字に惹かれる年齢はとうに過ぎてしまいましたし、日ごろから「缶コーヒー」は飲まないけれど「成功したとは自他ともに思っていませんからね。(*^-^)
②は同じ著者のもう一冊の本。書名に惹かれて今年の春に読みました。不眠、倦怠感、うつ症状の原因の多くが食事によるものだと著者はいうのです。たまたまこの春、縁者が講師のNLPの初級講座を受けていたせいかもしれません。。「うつの多くが食に原因がおる」に興味を持ちました。
 ③は多摩大学大学院の卒業生本間龍介・良子医師、おしどり夫婦の医師の協力翻訳による本です。大学院の縁で出版されるとすぐに読み、関心のありそうな医療系の方にお配りした本です。三冊ともに食事の摂り方、お酒の飲み方、間食の摂り方の間違いや誤解が原因で、うつ症状、不眠症、不定愁訴、肥満などが起こると書いています。三冊の本を読んで、生活習慣病という括りを食習慣病運動習慣病とに分けたほうがいいのではないかと思いました。生活習慣病というとつい運動不足解消にマラソンとか、散歩、スポーツジムへと足が向きますが、生活習慣病の多くはむしろ前者の食習慣病に起因するようです。
 日ごろ生活習慣病を疑っている方、職場で部下が「うつ」になって己の管理能力を疑って悩んでいるマネジャの方々、人事・総務部で社員の「うつ」対策で悩んでいる方々、社員の食習慣を改善することで活き活きとした活力ある職場を取り戻すことができるかもしれません。

 実は先日西麻布で縁者6人で会食をしたのです。お一人は③の監修者本間龍介医師です。少し遅れて知的で美貌の女性が笑顔で席につきました。そうそれが①②の著者姫野友美医師だったのです。僕はその日が初対面です。参集された方々多彩な顔触れで、話題豊富な方々ですが、その日の話題はもっぱら食に集中しました。100%玄米食を初めて10年、青汁も10年と老中生活に気配りしたつもりの僕も、食習慣については誤解だらけ、肉類が極端に減っていることに気付かされました。
 早速著者姫野友美医師からいただいた①「成功する人は缶コーヒーを飲まない」を読みながら、青汁と味噌汁のみだった朝食に、ゆで卵を一つつける、パンを食べるときはマーガリンを止めてチーズ、オrーブ油にする等々、いくつか食事のスタイルの変更を指示しました。外での飲食のスタイルに変化が起きそうです。
 ①のサブタイトルに「『すべてがうまく回りだす』黄金の食習慣」とありました。本の作りも魅力的です。
ちなみに著者の姫野友美医師、本間龍介医師(ご夫妻)共に、ご自身の診療所で、著書で説いておられる食生活改善による生活習慣病予防、未病の改善活動を実践されている方々です。
 

|

« 前川正雄著「マエカワはなぜ『跳ぶ』のか」を読む | トップページ | 八ヶ岳縦走(1)編笠山から権現岳へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/52736341

この記事へのトラックバック一覧です: 生活習慣病は、食習慣病だ!:

« 前川正雄著「マエカワはなぜ『跳ぶ』のか」を読む | トップページ | 八ヶ岳縦走(1)編笠山から権現岳へ »