« 八ケ岳縦走(3)キレットを越えて主稜部へ | トップページ | 紅葉と富士の大菩薩・小金沢連嶺を歩く(1)丸川峠から大菩薩峠へ »

2011/10/31

八ヶ岳縦走(4)ご来光

     <深夜の標識>
20110928dsc013331bご来光を期待して3:00出立、根石岳を目指します。新調したLEDの懐中電灯が明るく足元を照らしてくれます。

<根石岳からのご来光(1)>
                     20110928dsc013481b
4:30分根石岳昨夜に続いて星空をながめながらご来光を待つことにしました。
 星をながめながら、待つこと1時間、上越の山々の向こうから朝日が昇ってきます。いつ見ても、何回見ても、飽きさせない、不思議な微妙な違いを見せて、昇ってきます。

<上越の向こうからご来光(2)>
20110928dsc013521b  朝日が当たる北八ツのシンボル、ニュウの岩壁、その先に浅間山が赤く霞んでいます。
 奥秩父の山ひだが幾重にも重なって柔らかな曲線を引いています。

                                <浅間山>
                       20110928dsc013821b
 

しばし、ご来光を楽しみ、天狗岳へむかいます。今冬雪の天狗岳を北側から登ったので、今度南から超えるとすると、山道の具合はどうだろうか、確かめる目的もあります。

<霧と光の調和>
20110928dsc013951b 
  天狗岳の頂上直下の足元が痩せていて、鉄網のはしごが敷いてありました。積雪のときどんな形になっているのか、ちょっと不安がよぎります。素人の僕ではたして通ることができるのか?
 天狗岳を越え中山峠からしらびそ小屋へ下ると本沢温泉と稲子湯の分岐点。暗かったコメツガの森に光が入り明るい森に変身していました。

                                       
    <光の山道>                 

                      
20110928dsc014171b  森林整備の予算が出るようになったのか?山麓の森に光が指し明るくなっていく姿は、日本の森が生き返っていくように思えて嬉しくなります。
 稲子湯のお湯は浴槽のお湯に蛇口があります。ここからお湯が出ていると思っている入浴客が多いのですが、冷泉が湯船に流れ込み、お湯を混ぜて温めています。酸性が強く直接温めることができないのでしょう。ペットボトル3本に冷泉を詰め持ち帰り、冷蔵庫に保管して、しばしスコッチの水割りを楽しむことに。

|

« 八ケ岳縦走(3)キレットを越えて主稜部へ | トップページ | 紅葉と富士の大菩薩・小金沢連嶺を歩く(1)丸川峠から大菩薩峠へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/53073276

この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳縦走(4)ご来光:

« 八ケ岳縦走(3)キレットを越えて主稜部へ | トップページ | 紅葉と富士の大菩薩・小金沢連嶺を歩く(1)丸川峠から大菩薩峠へ »