« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012/01/23

厳冬の夏沢鉱泉

         <氷の華>
20120106dsc01595b29年欠かしたことのない年頭の人間ドックを済ませ翌1月6日9時中央線茅野駅に立っていました。夏沢鉱泉のマイクロバスが迎えに来ます。この山小屋標高2,060㍍まで雪上車で上がっていきます。山小屋」に着くなり、早速アイゼンを付け、昨夜急遽用意したスノーシューを背負って樹林帯の雪道を2㎞の距離を夏沢峠へ向かいます。

 

    
                                <硫黄岳北面を登る>
                          
20120106dsc01604b_2
 夏沢峠からは硫黄岳の北斜面を登ります。樹林帯を抜けて岩の斜面に出ると雪は降っていないのですが、強風に煽られて雪の粒氷の粒が舞い上がり頬を叩き鼻を打ちます。雪上車に同乗した女性登山者二人はすでに前方の斜面を逞しくたしかな足取りで登って行きます。
 標高2,760㍍硫黄岳の山頂は雲の中烈風が吹き荒れて寒いこと寒いこと、それでもせめて登頂の記録に標識を撮ろうと手袋を取ると指は曲がったまま固くなってしまい、カメラも凍りついてシャッターが落ちないのです。写真を諦めほうほうの体で下山を開始、凍傷になってはと、ピッケルを持つ手袋の中でしきりに指を動かし下りました。

続きを読む "厳冬の夏沢鉱泉"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/01/14

映画「一命」を観て「建て前の武士道と本音の武士道と」

映画「一命」
監督「三池崇史」 主演「市川海老蔵」「役所広司」「瑛太」「満島ひかり」
原作「異聞浪人記 」滝口康彦著
 2012年1月11日縁者の奨めで映画「一命」を観ました。テーマは武士道の建て前と本音、今日本人の心の中に武士道を取り戻せという声があちこちから聞こえてきます。ここでいう日本人は、政官財学といった日本の国を導く指導者層の方々のことです。取り戻して欲しい武士道は建て前ではなく。本音の、強者としての、慈悲と恕を包み込んだ武士道であって欲しいものです。
 映画は大阪夏の陣も終わり、徳川の世が定まり、日本人の多くが、久々の平和を謳歌し始めた時代です。一方で天下分け目の戦いに破れ主家断絶、改易、お家取り潰しと敗者の側に立った武士が大量に浪々した時代でもあります。平和の時代、軍縮の時代とあっては仕官の道も閉ざされ浪々する武士の困窮は目を覆うばかりです。
  主人公津雲半四郎(市川海老蔵)は芸州広島(福島正則)の家臣、主家取り潰しで託された上役の男児と愛娘を抱え男手一つ、傘張り浪人として糊口をしのぎ子育てをし、二人を娶せ、孫もでき困窮の中にも小さな幸せが芽生えてきます。しかし身体のひ弱な愛娘の病、孫の病を治す薬を求める金子も無い。婿の千々岩求女(瑛太)は手元の貴重な書物を売り、武士の魂(建て前)の両刀を売り払って、薬代に当てる始末です。

続きを読む "映画「一命」を観て「建て前の武士道と本音の武士道と」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/04

正月の庭

       <蝋梅の花>
20111230dsc01583b山茶花がそろそろ終わり、未だ椿には早いこの時期に蝋梅が満開のときを迎えています。顔を近づけると甘い香りが漂ってきます。少し透明度のある黄色の花で、梅花とは樹種は違うのですが、梅の花に似ているところから、蝋で作った梅と名づけられたのでしょう。

<臘梅の蕾>
                        20111230dsc01585b
庭の隅の小さい若木ですが、まだ蕾もあり七草頃までは楽しめそうです。
 

続きを読む "正月の庭"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/01

明けましておめでとうございます。

       <年賀状>
1明けましておめでとうございます。
 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。 

3月11日の大津波、福島原発事故の大惨事を目のあたりにし、以後しばしば、諸行無常の四文字が心をよぎるようになりました。 

福島原発事故の大惨事から今世界各地で、原子力発電の是非が問われています。「忘れたい」「知りたくない」と念じていた、念じていたがゆえに忘れていた、知らないで済ませてきた放射能汚染の恐ろしさを思い出させてくれました。核廃棄物は十数万年という途方も無い歳月、日本列島に住む人々の生存を脅かし続けていきます。

年末の株式市場大納会は「日経平均29年ぶりの安値」と報じています。29年前は1982年です。

続きを読む "明けましておめでとうございます。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »