« 映画「一命」を観て「建て前の武士道と本音の武士道と」 | トップページ | 雲龍渓谷-氷の回廊を歩く- »

2012/01/23

厳冬の夏沢鉱泉

         <氷の華>
20120106dsc01595b29年欠かしたことのない年頭の人間ドックを済ませ翌1月6日9時中央線茅野駅に立っていました。夏沢鉱泉のマイクロバスが迎えに来ます。この山小屋標高2,060㍍まで雪上車で上がっていきます。山小屋」に着くなり、早速アイゼンを付け、昨夜急遽用意したスノーシューを背負って樹林帯の雪道を2㎞の距離を夏沢峠へ向かいます。

 

    
                                <硫黄岳北面を登る>
                          
20120106dsc01604b_2
 夏沢峠からは硫黄岳の北斜面を登ります。樹林帯を抜けて岩の斜面に出ると雪は降っていないのですが、強風に煽られて雪の粒氷の粒が舞い上がり頬を叩き鼻を打ちます。雪上車に同乗した女性登山者二人はすでに前方の斜面を逞しくたしかな足取りで登って行きます。
 標高2,760㍍硫黄岳の山頂は雲の中烈風が吹き荒れて寒いこと寒いこと、それでもせめて登頂の記録に標識を撮ろうと手袋を取ると指は曲がったまま固くなってしまい、カメラも凍りついてシャッターが落ちないのです。写真を諦めほうほうの体で下山を開始、凍傷になってはと、ピッケルを持つ手袋の中でしきりに指を動かし下りました。

     <オーレン小屋付近>
20120107dsc01683b                                                                20120107dsc01685bそれでも標高を200㍍ほど下るとシャッターも動くようになり、かすかに見える東天狗、西天狗の山頂をカメラに収めました。夏沢峠でスノーシューを装着。山小屋まで軽快なスノーシューの感触を楽しみました。
 15時山荘に戻り早速一番風呂へ直行です。夕食までのひと時持参の梅酒をちびちび舐めながら文庫本を片手にうたた寝です。ささやかな贅沢な時が流れていきます
 


                       
                  

 布団の中には湯たんぽが入っています。翌朝はそのお湯で顔を洗えと、粋なサービスが待っています。往復の送迎に温泉、湯たんぽとこの山小屋のサービスは行き届いています。小屋ケ岳と悪口を叩かれるほど山小屋の多いこの八ヶ岳の山域でも最も充実したサービスです。
 そいうえば先日の予約の電話を入れた折も、こちらの連絡先を聞かずに「連絡先はこの電話で・・・」と聞いてきます。

   <道祖神>
20120107dsc01739b都会のレストランや居酒屋の予約でも受信記録が残っているはずなのに、こちらの連絡先を聞いてきます。氷点下10度を下回る山小屋でも至れり尽くせりのサービス、顧客の満足とはやればできることはいくつもあると感じた次第です。
 翌朝1月7日朝7時、今日はスノーシューで本沢温泉経由稲子湯のルートを歩く予定でしたが、夏沢峠から本沢温泉への下りが新雪でトレースが消えていて危ないとの助言に従って、天狗岳を往復することにしました。朝一番だれも歩いていない樹林帯の中スノーシューで新雪を踏んでの快適な山歩きです。途中我が家から持参した握り飯を頬張ってみましたが、凍っていて半分も食べない内に顎が痛くなって断念。根石岳から天狗岳の途中の鞍部の強風と寒さに天狗岳も諦めて、樹林帯の中スノーシューを愉しんで夏沢鉱泉へ戻り、温泉で汗を流し、雪上車で下山、なんとものんびりした雪山を楽しみました。

|

« 映画「一命」を観て「建て前の武士道と本音の武士道と」 | トップページ | 雲龍渓谷-氷の回廊を歩く- »

コメント

雲水さん
コメントありがとうございます。期末試験の論文ってどんなタイトルになるのでしょう。興味津々です。お近くなら論議できるのですが。
 龍樹の「十住毘婆沙論を読みました。細川巌さんが説いたものです。

投稿: 懐中電灯→雲水さん | 2012/01/24 13:16

雲水です。こんばんわ、ご無沙汰しています。
ただ今学期末で、期末論文の作成で、大変です。

一面の雪景色、九州の我々にとっては夢の様な銀世界ですね。体調を整えて、いつか体験したと思っていますが、どうなる事やら、羨ましい限りです。

蒲団と湯たんぽ、実に心も身体も温まるお話しですね。今夜は珍しく福岡でも雪が降るとの予報です。そんな中、こちらの心も温かくなるお話し、有り難うございました。

投稿: 雲水 | 2012/01/23 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/53695693

この記事へのトラックバック一覧です: 厳冬の夏沢鉱泉:

« 映画「一命」を観て「建て前の武士道と本音の武士道と」 | トップページ | 雲龍渓谷-氷の回廊を歩く- »