« 北アルプスの春-燕岳(1) | トップページ | M・サンデル著「それをお金で買いますか」 »

2012/05/03

北アルプスの春ー燕岳(2)

    <夜明け前の燕山荘>
20120429dsc020661b4月29日午前4時まだ星の残る山頂へ向かう。途中のピークに三脚を据えて、ご来光を待つ。夜明け前の山小屋の灯がロマンを誘う、窓から溢れる灯りが団欒の名残りなのだろう。
山小屋の外、テント泊の登山者は、朝食の準備が始まっている。

                                    <ご来光(1)>
                           20120429dsc02091b
 待つこと30分、昨年は氷点下十数度の寒さと烈風で拝めなかったご来光がが、今年は暖かく、柔らかく、霞の雲の中を昇ってくる。雲の中ではなく山の向こうからきっちり出てくるのも嬉しい。
   

         <ご来光(2)>
20120429dsc02097b
                        

人類が古来太陽を生命の神としてきたことが実感できる神々しい瞬間だ。この柔らかさ暖かさがグレートマザーと象徴される所以なのだろう。 RAW画像から赤色を落としてみると、また違った隠れた情景が見えてくる。

                          <燕岳山頂から望む立山、後立山の峰々>
                      20120429dsc02112b_2
標高2,763㍍燕岳山頂から北を眺める。東斜面の残雪が朝日に染まってピンク色に変わっていくさまは、柔肌のように艶かしい。触るとまだ凍っていて固い、雪女ってこんな感じ、いや新雪の柔らかさを保っている冷たさなのだろうか。
  

<表銀座縦走路、常念山脈、穂高、槍ヶ岳>
20120429dsc02121b北燕岳を前景に、立山から黒部の谷を隔てた針ノ木岳、鹿島槍ケ岳の双耳峰と後立山連峰も指呼の間に見える、すべてが純白の雪の中、風のない穏やかな今朝はおとぎの国のようにも思える。西に眼を転じると、左手から伸びる黒い稜線が大天井岳から槍ヶ岳へ連なる表銀座の縦走路だ。穂高連峰も全容が見える。

  <イルカ岩の槍穂高連峰>
                            20120429dsc02139b
燕山荘と燕岳の間にシンボルのイルカ岩がある。今日は朝日を浴びて嬉しそうに見える。

   <イワヒバリ>
20120429dsc02154b6:15分山小屋に戻って朝食をいただく。赤沼健至さんのもてなしのひじきの煮付け、レンコン人参と野菜の煮付けが食べ放題に丼に盛ってあるのも、うれしい。
 7:30分下山の前にザックを置いて、表銀座縦走路を途中まで散策する。
 人見知りをしないイワヒバリが、岩に止まって、さえずっている「こっちだよ!」未熟な僕に、道を教えているのだろうか。

                               <表銀座縦走路蛙岩の槍ヶ岳 >
                            20120429dsc02162b
這い松の緑と雪の白、巨岩の黒色、墨絵の中も春の色が萌えている。表銀座縦走路のシンボルの一つ蛙岩、無雪期は左に巻き道があるが、今は雪庇が張り出しているので、真ん中を攀じ登る、登った先の風景も気になる、未練は残るが下山の時間を測って、あきらめて仰ぎ見て、きた道を戻ることに。

 <蛙岩から大天井岳と穂高連峰>
20120429dsc021672b燕山荘に戻りザックを背負って、雪の斜面を滑ったり、転んだり同行のFさんに後ろを守ってもらいつつ一気に下山。
 登山口にある、源泉掛け流しの露天風呂、そして一杯の生ビール、これがまた実に美味い。
 毎年帰路の車中、後何回登れるのかと指折り数えてしまう。
 来年の今は、槍か?穂高か?それとも?

|

« 北アルプスの春-燕岳(1) | トップページ | M・サンデル著「それをお金で買いますか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/54598919

この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプスの春ー燕岳(2):

« 北アルプスの春-燕岳(1) | トップページ | M・サンデル著「それをお金で買いますか」 »