« 本土寺の花菖蒲 | トップページ | 栂池高原から五龍岳へ(2)白馬大池の黄昏 »

2012/07/29

栂池高原から五龍岳縦走(1)白馬大池へ

     <ヒオウギアヤメ>
20120724dsc02484b8月24日10:30分栂池高原の登山口に立つ。4日間の山旅の始り、幾度となく下山した山道を、今日は逆に辿ることになる。
 1時間半ほど歩くと天狗原に着く。雪解けの水を集めた湿原に、この時期ワタスゲや、

                                <天狗原から乗鞍岳へ>
                     20120724dsc02496b

  、ヒオウギアヤメの群落が素晴らしい。
 今年は満開の花々に出会うことができた。残雪の多い今年の天狗原から想像すると、今年は残雪を樂しむ山旅になりそうだ。
 ガレ場の脇にキバナシャクナゲが咲いている、希少な花だ。

   <キバナシャクナゲ>
20120724dsc025032b

                             <白馬大池畔のハクサンコザクラ>
                      20120724dsc02596b
天狗原から2時間半白馬大池に着く。今日の山小屋は残雪と水と緑と花々に彩られたメルヘンの山小屋だ。
 ハクサンコザクラ、ハクサンイチゲ、チングルマ夏の花が咲き始めで花弁がとても瑞々しい。

   <ハクサンイチゲ>
20120724dsc02606b初日の行程極めてのんびり、花見遊山といった風情だ。
例年になく残雪の多い池畔、水量も多く、水面が去年の1.5倍ほどある。
 ハイマツの緑残雪の白を背景に夕日に純白の花弁が若さを競っているようだ、いずれ劣らぬ乙女の姿に思わずしばし凝視したまま。
 

                                
                     

 

|

« 本土寺の花菖蒲 | トップページ | 栂池高原から五龍岳へ(2)白馬大池の黄昏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/55306613

この記事へのトラックバック一覧です: 栂池高原から五龍岳縦走(1)白馬大池へ:

« 本土寺の花菖蒲 | トップページ | 栂池高原から五龍岳へ(2)白馬大池の黄昏 »