« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012/08/07

栂池高原から五龍岳へ(7)五龍岳山頂から

    <五龍岳頂上のご来光>
20120727dsc02909b8月27日今日は最後の一日、2:30分五龍岳を目指して,天の川の水音を聞きながら下山小屋を出る。懐中電灯を頼りに岩場を辿ること一時間、東の空が白み始めると山頂につく。

<鹿島鑓ケ岳から遠く槍ケ岳も>
                         20120727dsc02937b

白馬岳、白馬鑓ヶ岳、唐松岳と北の山から鞍部から湧き上がる白雲が山頂を覆ってくる。ここから南の山々は覆われる前に日が昇るだろう。南には秀麗な双耳峰鹿島鑓ケ岳がどっしりと構えている。進めばあと一日の行程だが、手が届きそうに見える山頂の手前の鞍部に、不帰ノ嶮を上回る難所八峰のキレッットが待ち構えている。残念だが今回の山行はここまで。

続きを読む "栂池高原から五龍岳へ(7)五龍岳山頂から"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/05

栂池高原から五竜岳へ(6)五龍山荘の夕焼け

<唐松岳を背景にシャクナゲ>
20120726dsc02862b唐松山荘でしばし休憩、まだ10:30分、ここから2.5時間の五龍山荘まで時間はたっぷりある。ここから大黒岳の間、ガレ場の上り下りがちょっと嫌なところだ。 

<遠見尾根>
                       20120726dsc02871b
シャクナゲがハイマツの中に咲いている。尾根筋のシャクナゲは、厳冬期の風雪を守ってもらっているのであろう、皆ハイマツより背丈が高くならないように隠れるように咲いている。
 五龍山荘を見下ろすところで1時間の昼寝、顔を帽子で覆えば、太陽の光も気にならない日本海から渡ってくる風が心地よく眠りを誘ってくれる。

続きを読む "栂池高原から五竜岳へ(6)五龍山荘の夕焼け"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栂池高原から五龍岳へ(5)不帰ノ嶮

     <日の出前の雲海>
20120726dsc02782b7月26日今日は三日目、今日も3:00満点星の下山小屋を出る。山小屋の前で雪田の雪解けの水を2㍑ポリタンに詰めて出発だ。斜面を登ると天狗尾根に出る、未だ尾根筋は月もなく暗闇だ。

<北信五岳からご来光>
                            20120726dsc02810b

一時間ほど歩いた東面の見晴らしの良い岩場に三脚を立て、お湯を沸かす。4:00、味噌汁とお茶で早い朝食、昨日の夕食が17:30分だから10時間は経っている。東の空が白み始めると、そわそわしてカメラを構えレンズ越しに雲海を捉える。久々に圧倒される雲海に心が踊る、帰宅してLAW画像を仕上げるのが楽しみだ。しかしいつも思う、人間の眼ほど優秀なレンズはないのではないかと。この千変万化の光の色を画像には再現できない。

続きを読む "栂池高原から五龍岳へ(5)不帰ノ嶮"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/02

栂池高原から五龍岳へ(4)天狗尾根からの夕日

        <ミヤマオダマキ>
20120725dsc02714b白馬岳山頂に7:00着すべては雲の中諦めて、杓子岳へと向かう、いつもは山頂をカットして巻き道を急ぐのだが、今日は時間もたっぷり、体力もまずまずなので標高2,812㍍の山頂に立つ、相変わらずなにも見えない、杓子岳を下り白馬鑓ケ岳への登りにかかるとミヤマオダマキが風に揺れている。





                                   <コマクサ>
                      20120725dsc02720b
標高2,903㍍の白馬鑓ヶ岳山頂からは時折雲の切れ目から白馬岳が見える。
 高山植物の保護が行き届いているのか、コマクサが年々増えているように思えるのは気の迷いか。

続きを読む "栂池高原から五龍岳へ(4)天狗尾根からの夕日"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/08/01

栂池高原から五龍岳へ(3)小蓮華岳からのご来光

      <黎明の白馬大池>
20120725dsc02670b第二日2:00周囲のいびきを背中にそっと忍び足で山小屋を出る。夜空は満天の星、標高2,400㍍は星々は大きく数も多い。この季節天の川が流れている。 
 白馬大池池畔から標高2,769㍍の小蓮華山まで2時間額につけた懐中電灯を頼りに歩く。

                                             <越後から昇るご来光>
                             20120725dsc02677b

これから二時間歩く尾根道が、NHKのドラマ「坂の上の雲」のエンディングの尾根道だ。坂の上の雲ではなく、星を見上げながら歩く。4:00小蓮華山に着く。三脚をセットして、湯を沸かし朝食を食べながら、4;45分の日の出を待つ、流石に山頂の風は強く寒い。

   <タカネノシロツメクサ>
20120725dsc02694b 小蓮華山から三国境を経て標高2,932㍍の白馬岳までおよそ1.5時間の行程、今年GWに6名の遭難者が出たところだ。北アルプスが、日本海からせり上がる最北の山域、日本海でたっぷり水蒸気を含んだ低気圧が最初にぶつかる山域、大量の雪が降る。だからこの季節も残雪が多く、高山植物の宝庫でもあり、あるきがいのある山域なのだ。

続きを読む "栂池高原から五龍岳へ(3)小蓮華岳からのご来光"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »