« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012/09/26

「人生は競馬-60歳は第四コーナー」ー4つのステージ-

     <人生は競馬>
1映画「あなたへ」は我々老中世代の観客が多い、若い方々の感想は、淡々として、メッセージも明瞭でなく、物足りなさを感じた方が多いようだ。
しかし、この映画は平均寿命80歳の今だからこそ若い方々へ問いかけているメッセージだと思う。「人生とは?」
 「人生は競馬-60歳は第四コーナー」の話を始めたのは50歳の頃だ。己れ自身第三コーナーを回り始め、気づいたことだ。このことは、当ブログの初記事として書いたので、詳しくは下記アドレスをクリックしていただくとして、その後を急ぎたい。
http://net-ksk.cocolog-nifty.com/keiei/2004/09/post_4.html

映画「あなたへ」のテーマは主人公英二(高倉健)の第四コーナー、最後のカーブで起きた。生涯の伴侶であるはずの妻の死を巡る葛藤だ。
 明治維新以来日本人が追い続けてきた西欧文明は、壮年の文明、老いや死を敗北と考える、ポスト壮年の存在を認めない文明だ。その文明を生きる人間の理想は、0才から永遠の成長を志向し、壮年まで右肩上がりの直線の坂道を息を切らせず上り詰め、さらにその勢いに乗って、訪れる老いも、死をも認めず、闘い続ける戦士の姿だ。50歳から先のイメージが無い。曰く「アンチ・エイジング」曰く「スティ・ヤング」曰く「青春とは!」。曰く「生涯現役」と。
 しかしその走り切った先には後期高齢者というお墨付き、「ボケ老人」と称せられる暗闇の穴へ続々と落ちていく、ひっそりと。

続きを読む "「人生は競馬-60歳は第四コーナー」ー4つのステージ-"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/19

中国の暴動シーンから「大地」を想う

今回の中国の反日暴動の報道映像を見ているうちに、ふとパール・バックの長編小説「大地」の光景を想い出した。自分でも不思議なことにこれまでの反日暴動の光景では想い出すこともなく、記憶の渕に沈んでいたものだ。旧満州に生まれたことも手伝ってか、中、高校生の頃3~4回は読み直していたはずだが、今となっては長編の切れ切れの断片しか記憶に残っていない、その微かな断片が今蘇る。
 清朝末期から辛亥革命の頃の中国、地方の農村の極貧の農夫王龍の一家の物語。「大地」、「息子たち」、「分裂する家族」と、親、子、孫三代にわたる生命力あふれる物語として三部作で展開する。
 「大地」の主人公は唯々真面目に働き僅かな金を貯める男、王龍(ワン・ルン)。王龍は貯めたお金で大地主から奴隷の女、阿藍(アラン)を買い取って妻とする。僅かな金で買う女、美人のはずもないが。己れの妻さえ金で買わなければならない極貧の階層の男、金で買われることでやっと奴隷から妻という自由を手に入れる虐げられた階層の女の物語だ。
 しかし男は女によって人生が変わるのだから不思議で面白い。阿藍は夫に負けずに真面目な働き者だが、夫より才覚においてはるかに上回っている。それが必死に働くのだから。

続きを読む "中国の暴動シーンから「大地」を想う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/12

映画「あなたへ」を観て-粋な別れ-

2012年9月10日映画「あなたへ」を観にいった。いつものとおり家内と二人、そして無言のまま映画館を出た。長年連れ添った夫婦だからといって、必ずしもすべてをあからさまにわかりあえることはない。慮ってわかりあって、納得すればいい、お互いを信じるとはそういうことではないかと映画は語っているように思えた。
 人間は己れの死を知ることはできない、他者のみが知る己れの死。田中裕子扮する妻洋子は、高倉健扮する夫英二に、二枚の絵手紙を残す、己れが英二と共に生きた証として。
 一枚目は「故郷の海に散骨して欲しい」と己の最後の願いを込めて、二枚目は十日後に洋子の故郷平戸島の郵便局で受け取る一枚です。この十日間という時間、二枚の絵手紙の一枚目と二枚目その間に込められたメッセージは、映画を観たひと、一人ひとりが生きてきた道々に、残してきた足跡の数だけ語られているように思えます。
 キャンピングカ-で富山から平戸島へ走る道すがら出遇うビートたけし、佐藤浩市、草彅剛たちの様々な人生模様にそのメッセージが映し込まれています。曰く「人生って何なんだ!」

続きを読む "映画「あなたへ」を観て-粋な別れ-"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/09/02

「五輪の精神」は何処へ

ロンドン五輪メダリストの銀座パレードに集まる群衆の歓呼の声を報道するマスメディアは何を考えているのだろう。メダルを取れなかった選手の精一杯の精進は意味が無いとでも言うのだろうか。銀座のパレードのニュース報道を見て、今の日本の状況に暗澹たる思いに心が塞ぐ。
 クーベルタン男爵の「参加の精神」はどこへ消えたのだろうか。韓国選手の行動、中国選手の試合態度が「五輪の精神」に反するとして批判されている。がしかし、銀座のパレードは「五輪の精神」に反しないのだろうか。クーベルタン男爵は「勝つことではなく、参加することに意義があるとは、至言である。人生において重要なことは、成功することではなく、努力することである。根本的なことは、征服したかどうかにあるのではなく、よく戦ったかどうかにある。」と語った。後に「参加の精神」「五輪の精神」と言われるようになる。

続きを読む "「五輪の精神」は何処へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »