« 冬の北八ヶ岳(1)夏沢鉱泉から硫黄岳山頂 | トップページ | 雪の北八ヶ岳(1)白駒池経由麦草峠へ »

2013/01/15

冬の北八ヶ岳(2)天狗岳へ

   <根石岳から双耳峰の西・東天狗岳>
20130110dsc03474b1月10日
朝7:30分いつもより、ちょっと遅い出発、外は氷点下12度標高2,000㍍の樹林帯の気温だから、さて山頂は?
 昨年台風で通行止めになっていたオーレン小屋から箕冠山への道、今年はトレースもしっかりしているので、緩やかな樹林帯を直接登ることにした。

                                     


                                  <根石岳>
  20130110dsc03483b_3
箕冠山から根石岳、天狗岳へのルートは、樹林も消え、吹きさらしの岩場が続く。北八ヶ岳は女性の山といわれるだけあって、根石岳山頂からの天狗の双耳峰は純白の衣装をまとって優美な曲線を描いている。そういえば鞍部は胸元にも見えてくるから妄想とは不思議なものだ。標高2,603㍍の根石岳を越えて振り返ると歩いてきた稜線に雪煙が舞い上がっている強風で踏み跡もかき消されている。

    <東天狗岳直下の霧氷>
20130110dsc03495b天狗岳へ残り200㍍強風を避けながら立ち止まると、浅間山の噴火口もはっきり見える。残念ながら写真には収まらなかった。霧氷も美しい

<根石岳から天狗岳への道>
                     20130110dsc03476b
 雲の向こうに奥秩父の山並みが見える。
足元は踏み跡も風に吹き消されて跡形も無いが少し遠目に見ると、それらしき凹んだ筋が天狗岳へと続いている。
天狗岳の山頂に中山峠から登ってきた登山者が一人立っているのが見える。

     <天狗岳から南八ヶ岳>
20130110dsc03498b昨日登った硫黄岳には雲が懸かっている、その向こうに主峰群が屹立している。手前には今歩いてきた根石岳からの縦走路に雪煙が立っている。
 歩いている時の強風は辛いけれど、こうやって登ってしまうと、雪煙の美しさに圧倒される。
 

                          <南アルプス遠望/甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳 >
                    20130110dsc03490b

南アルプスの甲斐駒岳、仙丈岳がくっきりと見える、中央も木曾御岳も一望だ。
  天狗岳からの帰路、仰ぎみると、さっき下ってきた道が根石岳山頂へ向かって伸びている。

 

 <根石岳 >
20130110dsc03509b                  <雪の抱擁>
            20130110dsc03523b_2


       

    

 

 

                                <オーレン小屋の霧氷>        20130110dsc03518b_2
小屋に戻る途中冬季は閉めているオーレン小屋の前で写真休憩、霧氷の美しい広場がある。今年は今ひとつだが、樹林帯を歩く楽しみの一つだ。
 夏沢鉱泉小屋に戻ると13:00、急ぎ温泉に浸かって汗を流す。着替えが終われば駅まで車で送ってもらえる。なんとも贅沢な、怠け雪山登山ではある。
 

|

« 冬の北八ヶ岳(1)夏沢鉱泉から硫黄岳山頂 | トップページ | 雪の北八ヶ岳(1)白駒池経由麦草峠へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/56525496

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の北八ヶ岳(2)天狗岳へ:

« 冬の北八ヶ岳(1)夏沢鉱泉から硫黄岳山頂 | トップページ | 雪の北八ヶ岳(1)白駒池経由麦草峠へ »