« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

2013/03/24

”風評被害”という四字熟語の意味するもの

マスコミが風評被害という四字熟語を流布しています。僕の住む栃木県の農産物も放射能に汚染されていなくても、その四字熟語に汚染されています。福島県の農家、畜産家はもちろんその汚染は茨城県、千葉県にも及んでいます。
 マスコミの取り上げ方も風評被害に立ち向かう農業関係者を美談として取り上げています。農業関係者が被害者だからなのでしょうか。マスコミが取り上げることで、被害が軽減されるからなのでしょうか。風評に惑わされて買わない生活者が無知蒙昧の加害者のようにも映ってしまいます。
 家内の実家が農家ですから、毎年実りの秋には新米が届き、それを縁者にも分け、豊穣の喜びを分かち合うこともできました。春になれば、苺の美味しい季節、関西に住む孫娘に、摘みたてを送ってその喜ぶ顔を想像して、それを喜びとすることもできました。3.11から二年、豊穣の喜びを分かち合うことも、苺を頬張る孫の笑顔を想像することもできなくなりました。我々老夫婦も細やかではありますが、風評の被害者なのです。又、三県の農家の人々に申し訳ないと、後ろめたさを覚えながらも、三県の名のついた農産物を避けて買う虚しい努力をする生活者も被害者ではないのでしょうか。

続きを読む "”風評被害”という四字熟語の意味するもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/13

雪の北八ヶ岳(2)麦草峠から北横岳へ

   <樹林帯の朝>
20130303dsc03570b

3月3日7:00晴天の雪の一日を楽しめそうだ。麦草ヒュッテを出るとすぐに樹林帯に入る。木漏れ日の雪原にわかんの跡を残しながら快適に歩く。
 


<茶臼山山頂から南八ヶ岳> 
                       20130302dsc03584b
予定の9時茶臼山の山頂にザックを下ろす。今日は誰も登っていないようだ。靴跡もなく、純白の頂きだ。北八ツ岳の東西天狗岳の双耳峰の向こうに南八ヶ岳の山並みが続いている。

続きを読む "雪の北八ヶ岳(2)麦草峠から北横岳へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/11

雪の北八ヶ岳(1)白駒池経由麦草峠へ

    <樹林帯を歩く>
20130302dsc03539b2013年3月2日10:30いつもの渋の湯から歩き出す。昨年は四月というのに新雪が深く、トレースもなくて難渋したが、今年は新しい赤いリボンも増えトレースもしっかりしているので、気楽に歩き出した。  

 

                                                    
                               <賽の河原>          20130302dsc03541b_4                       賽の河原に出る、雪が解けるとこの辺りにお地蔵さんが姿を現わすはずだが、今は雪の下から登山者を見守っているのだろう。
 先を行く三人のパーティが登っていく、トレースの主だ。ありがたい。賽の河原の中間地点から左の樹林帯へ入れば、高見石まではあと僅かな距離を残すのみ。

 

続きを読む "雪の北八ヶ岳(1)白駒池経由麦草峠へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »