« 雪の北八ヶ岳(1)白駒池経由麦草峠へ | トップページ | ”風評被害”という四字熟語の意味するもの »

2013/03/13

雪の北八ヶ岳(2)麦草峠から北横岳へ

   <樹林帯の朝>
20130303dsc03570b

3月3日7:00晴天の雪の一日を楽しめそうだ。麦草ヒュッテを出るとすぐに樹林帯に入る。木漏れ日の雪原にわかんの跡を残しながら快適に歩く。
 


<茶臼山山頂から南八ヶ岳> 
                       20130302dsc03584b
予定の9時茶臼山の山頂にザックを下ろす。今日は誰も登っていないようだ。靴跡もなく、純白の頂きだ。北八ツ岳の東西天狗岳の双耳峰の向こうに南八ヶ岳の山並みが続いている。

<茶臼岳山頂から浅間山>
20130302dsc03597b自然の芸術性というのだろう、風と雪と寒気が雪の表面に文様を刻み、木々の梢は雪と氷に覆われて輝いている。風紋の先に浅間山が見える。 360度の展望は、山頂に立つと左から南アルプス、中央アルプス、木曽駒岳、乗鞍岳、北ア槍穂そして後立山と続いている。                                

20130303dsc03576b_2

20130303dsc03601b
 
<縞枯山からの南アルプス>
 一昨年歩いた折より1㍍は雪が多いのだろう、茶臼山、縞枯山の山頂はシラビソの梢近くまで雪に埋もれ遮るものもなく眺望を楽しめる。                         
                     20130303dsc03623b
 
 
 
 
        <蓼科山>
 茶臼山から縞枯山へと雪に覆われたシラビソの梢の間を歩いているうちに縞枯山の山頂を通りすぎて、雨池峠への下山路を見失ってしまった。しばし自分の踏跡を辿って戻ると急斜面を下るトレースに出会う。ここからは残り30分で雨池峠の鞍部に着く。                     
 
<北横岳南峰の先に南アルプス>
 11:30分横岳ピラタスのロープウェイ山頂駅に着く、北横岳山頂をゆっくり往復しても15:00の路線バスには十分間に合う。北横岳は北八ツ岳の北の端、ここから向こうは蓼科山域になる。釣鐘を伏せたような蓼科山の雪冠も美しい。
  13:45分ピラタスロープウェイ山頂駅に戻りバス停で雪山装備を解いて、予定より一日早く帰宅、温泉に入れなかったのが心残りか。
  

 
 

|

« 雪の北八ヶ岳(1)白駒池経由麦草峠へ | トップページ | ”風評被害”という四字熟語の意味するもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/56926220

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の北八ヶ岳(2)麦草峠から北横岳へ:

« 雪の北八ヶ岳(1)白駒池経由麦草峠へ | トップページ | ”風評被害”という四字熟語の意味するもの »