« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013/05/03

雪の槍ヶ岳(3)上高地へ下山

   <北アルプス最奥部の黎明>
20130429dsc03935b4月29日4時50分のご来光を迎えて、いよいよ下山の日、「行けるところまで」のつもりが目標を達成、満足の下山だ。
 左奥の黒部五郎岳から右奥の薬師岳と北アルプスの最奥部も新雪の衣に覆われたなめらかな柔肌をピンクに染めて横たわっている。なんとも穏やかな、美しい景色だ。激しい強風に煽られながら氷点下7、8度の寒い中でシャッターを切っている風景にはとても見えない。

                                                          <槍ヶ岳の朝>
                   20130429dsc03950b      槍の穂先の右手北信五岳の後ろから朝日が登ってくる。
 槍沢を見下ろすと、しっかりザイルで結んで早々に下っていくパーティがある。








   <雪渓を下るパーティ>
20130429dsc03946b
槍沢の下山路も5人のパーティも朝日に染まっている。
 さて自分も6:00下山を始めよう。
 

続きを読む "雪の槍ヶ岳(3)上高地へ下山"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013/05/01

雪の槍ヶ岳(2)槍ヶ岳山頂を目指す

  

<槍沢の大雪原を登る>

20130428dsc03838b
4月28日いつもは山小屋の朝食を食べずに5:00には小屋を出るのだが、今日はゆっくり朝食を食べ、7:00に出発。樹林帯を歩くこと一時間半、冬の間中降り積もった雪に覆われた槍沢の広大な雪原に出る。山頂を目指して歩く登山者が点々と見える。先頭は3時間前に小屋を出て、昨日までの新雪をラッセルしながらの登って行く、後続の我々は、比較的雪の固まった踏み跡を頼りに登っていく。           
                 20130428dsc03846b    
   <雪煙に煙る槍ヶ岳山頂>
20130428dsc03856b
先発の登山者の体力を借りての雪中登山、右足を踏み出しては感謝、左足を踏み出しては感謝、唯ありがたい。
 それにしても初めて目にする広大な雪の斜面、雪崩の心配もすっかり忘れてひたすら歩くこと3時間半、斜面を大きく右へ折れると、雪煙の中から槍ヶ岳の山頂が現れる。

続きを読む "雪の槍ヶ岳(2)槍ヶ岳山頂を目指す"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »