« 薬師岳から黒部五郎岳を歩く(2)黒部五郎こや屋へ | トップページ | 薬師岳から黒部五郎岳を歩く(4)下山(新穂高温泉へ »

2013/08/11

薬師岳から黒部五郎岳を歩く(3)三俣蓮華岳から鏡平へ

       <ハクサンシャクナゲ>
20130725dsc04040b2013年7月25日5:00黒部五郎小舎を出る。ガスって視界はないが雨がないだけでありがたい。今回の山行は昨日の雨ではや諦めの心境だ。カメラもザックの中だ。

 
                                                                            <アオノツガザクラ>
 20130725dsc04045b7:30分標高2,841㍍三俣蓮華岳山頂に着く。山頂は霧の中周囲の山々はまったく見えない。ご来光の綺麗な山頂なのに。山頂直下まで残雪が残っている、                    
                         
             


    

<ハクサンイチゲ>

20130725dsc04058b_4 視界の効かない天候なので、双六岳へはいつもの尾根筋を歩かず、山頂を少し下ったところからの巻き道を歩くことにする。残雪が多いのでアイゼンを持参したので、気軽に楽しめそうだ。 初めて歩く三俣蓮華から双六への巻き道アップダウンの少なく気軽に歩ける。いつも人通りの多いこの道、悪天候が続いているせいか前後を歩いている人影はない。
 
 
                                                             <ベニバナイチゴ>
                      20130725dsc04062b_7今日は雨が落ちてこないだけでありがたい。見えるはずの槍ヶ岳も雲の中。GWに向こうから、純白の薬師、黒部の稜線を眺めたはずなのに、今日こちらからはまったく見えない。
<ハクサンフウロ>
20130725dsc04068b_2
 いくつか雪田をトラバースして10:30分双六小屋に着く。今回の目標笠ヶ岳時間的には十分だが、天候と足首の痛みも泊まらないので、のんびり鏡平へ下ることに。悪天候のお陰でのんびりした山行になった。昨日の難行はもう忘れている。不思議なものだ。
 
                     
                                  <クロユリ>
                       20130725dsc04070b_2
20130725dsc04076b
双六から弓折岳への尾根道は花の豊富な美しい道、その先鏡平まで豊富な残雪を楽しみながら1.5時間のところを3時間かけて下っていく。
 西鎌尾根から槍ヶ岳そして槍ヶ岳から奥穂高、西穂高へと続く、槍穂連峰を展望する尾根だ。今日は見えないけれど。
<クルマユリ>
14:30分鏡平へ着く。
 前回鏡池に映っていた槍穂の岩壁今日は池面どころかすべて雲の中。

|

« 薬師岳から黒部五郎岳を歩く(2)黒部五郎こや屋へ | トップページ | 薬師岳から黒部五郎岳を歩く(4)下山(新穂高温泉へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/57970561

この記事へのトラックバック一覧です: 薬師岳から黒部五郎岳を歩く(3)三俣蓮華岳から鏡平へ:

« 薬師岳から黒部五郎岳を歩く(2)黒部五郎こや屋へ | トップページ | 薬師岳から黒部五郎岳を歩く(4)下山(新穂高温泉へ »