« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

2013/12/22

今読む「星の王子さま」(2)「責任とは眼に見えないもの」

 3.11以後「絆」が強調されています。2011年は清水寺の”今年の漢字”にも選ばれています。この絆を広辞苑で引くと「馬・犬・鷹など、動物をつなぎとめる綱」とあります。本来束縛、呪縛を連想する漢字でしたが、3.11以後にわかに「支え合い」「助け合い」といった人と人との結びつきを連想するように変化しています。”今年の漢字”に選ばれたのも、後者のイメージがあってのことでしょう。悪いことではありませんが、人間とはいい加減、勝手なものです。これまで個人主義と利己主義を取り違えて、経済第一主義で、家族関係、人間関係を希薄にしてきた日本人に、にわかに助け合い、支え合いの関係を求めても無理というものです。つくれるはずはないのです。
 

続きを読む "今読む「星の王子さま」(2)「責任とは眼に見えないもの」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今読む「星の王子さま」(1)絆とは関係性

①書名 「星の王子さま」
  著者   サン=テクジュペリ(河野万里子訳)
  出版社 新潮社文庫
②書名 「星の王子さま-サン=テクジュペリ」
  著者  水本弘文
 出版社 NHK出版(100分de名著)
「星の王子さま」と聞けばこのフレーズが浮かびます。「本当に大切なことは眼に見えない」、①の本文には「とてもかんたんなことだ。ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは目に見えない」(P108)とあります。
 星の王子さまと名づけられた、小さな星のたった一人の住人、その星の王子さまはたまたまどこからか飛んできた種に水をやり、風から、寒さから守り一本の赤いバラの花を育てます。しかしそのバラは、少しも王子さまに感謝の言葉もなく高慢で、わがままな花なのす。とうとう嫌気が差した王子さまはバラを置き去りにして、小さな星を飛び出して、さすらいの旅にでてしまいます。一人の子供が成長していく物語、ラストシーンは旅先の地球で死を迎える物語です。又大人になって忘れてしまった心、なんの見返りも期待せず一本のバラの木に一所懸命水をやり守り育てる純な幼心を取り戻す物語でもあります。著書の冒頭の”小さな子供だったころの大人たちへ”という著者のメッセージは子どもたちへの童話を借りた、大切なものを忘れた大人のための物語でもあります。
 

続きを読む "今読む「星の王子さま」(1)絆とは関係性"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/10

雲取山へ(2)雲取山から石尾根を下る

   <雲取山山頂からのご来光>
20131122dsc04449b 2013年11月22日今朝のご来光は6:22分と聞いて、小屋の朝食を取らず5:30分に小屋を出る。30分で山頂に。三脚を立てカメラを据え付けて持参の好物アンパンを食べながら待つ。東京の邦楽から朝日が昇ってくる。

 

                          <飛龍山を前景に南アルプス主峰群>20131122dsc04465b

今朝は雲の間から一度雲に隠れたと思ったらさらに一段上の雲の上から二度目のご来光だ。なんだか得をした気分。ご来光の昇る前後30分、眼を瞑るのも惜しいほど周囲の山々の色の変化が美しい。冥土へいくときもきっと惜しい惜しいと瞑るのだろう。
 紅葉の残る飛龍山の後ろに右から北岳、間ノ岳、農鳥岳の主峰群、そのさらに億には塩見岳、北岳の右には仙丈岳、甲斐駒岳と新雪を頂いて輝いている。登った者だけが味わう自己中的な感動なのだろう。(笑)

続きを読む "雲取山へ(2)雲取山から石尾根を下る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雲取山へ(1)三峯神社から雲取山荘

    <三峰神社の神域>
20131121dsc04420b2013年11月21日((木)~22日(金)三峯神社から雲取山へ登る。羽生(埼玉県)から秩父三峰口まで関東平野の北の縁を秩父鉄道が横切っている。始点から終点まで1時間50分、終点三峰口8:30分に到着、駅前のたった一台のタクシーも先約があるとかで、乗せてもらえない。路線バスを待つこと一時間、お陰でタクシー代の7千円(往復の鉄道運賃の2倍)は節約出来るが、登山口を歩き出すのは1時間半遅れることになる。

続きを読む "雲取山へ(1)三峯神社から雲取山荘"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »