« 食卓にりんごの花が | トップページ | 経営体験に観る「今ここ」(2)”今”と”ここ” »

2014/03/20

経営体験に観る「今ここ」(1)カードは時の表象

<「今ここ」の関係性>
20140320

マネジメント・ゲームのコンセプトは「みえないものをみえるように」です。まずヒト、モノ、カネといった眼にみえる経営資源をミニチュアにしています。さらに大事なところは、研究開発、広告、保険、顧客満足(CS)等々眼に見えない経営資源である、情報資源をも丸チップにすることで眼にみえるようにしています。そしてそれらを収容する企業という大きな器を縦18センチ横25センチの会社盤に納めてして、ひと目で見渡せるようにしたのです。それらを個々に動かしながら目的のために全体最適へと統合する、経営という言葉では言い表せない変化自在な営みを擬似体験で観えるようになることを期待しています。
 

さらにさらに、「意思決定」「お客様」「リスク」という三種のカードは“時”を表しています。カードを引く度に「今ここ」が回ってきます。意思決定カードには「己の意志との関係性」お客様カードには「お客様との関係性」リスクカードには「未来の不確実性」を伴って。 <続く>

|

« 食卓にりんごの花が | トップページ | 経営体験に観る「今ここ」(2)”今”と”ここ” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/59324615

この記事へのトラックバック一覧です: 経営体験に観る「今ここ」(1)カードは時の表象:

« 食卓にりんごの花が | トップページ | 経営体験に観る「今ここ」(2)”今”と”ここ” »