« 経営体験に観る「今ここ」(2)”今”と”ここ” | トップページ | 雪の北八ヶ岳縦走(2)本沢温泉へ »

2014/03/29

雪の北八ヶ岳縦走(1)麦草ヒュッテへ

           <雨池峠>
20140304dsc04730b2014年3月24日12時横岳ピラタスロープウェイ山頂駅に立つ。二泊三日で北八ヶ岳をスノーシューで縦走する。予定だ。20分ほど歩くと雨池峠だ。スノーシューを装着してここから縞枯山標高2、403㍍を目指す、2月の大雪で積雪も多く、快適なスノーシュー登山が楽しめそうだ。

                              <縞枯山山頂>                      20140324dsc04732b
 昨日の日曜日晴天とあって大勢歩いたのだろう、トレースがしっかり付いている。今日は前後に人影はない。13:00縞枯山山頂に着く。その名にふさわしく、立ち枯れたオオシラビソ林立している。      
 

   <縞枯山から八ヶ岳本峰>
20140324dsc04741b 山頂からは天狗の双耳峰の先に八ヶ岳の盟主赤岳、右に阿弥陀岳が屹立している。明日は天狗岳を越えて本沢温泉へ下る。
 歩いていると風もなく汗ばんでくる。茶臼山山頂へ14:00に着く。ここから下って一時間あれば今日の宿麦草ヒュッテだ。
 遅いお昼、風を避けて樹林帯に入って、得意?の餅入りカレーうどんを作る。まずはお茶だ。雪の中の自炊は久しぶりだ。
                                                                <麦草ヒュッテ>                                                         
 20140324dsc04764b茶臼山からのんびり下ること一時間、15:30分麦草ヒュッテに着く。この季節北八ヶ岳を歩くようになって5年目、この山小屋も馴染みの宿になってきた。今夜は高校生の合宿があり先生の引率で、7~8名が同宿だ。近頃の若者に似合わず、馬鹿騒ぎもなく、静かなので、小屋の女性スタッフに聞いてみた。この高校の合宿は毎年静かなのだそうだ。明日の高校は、かなり賑やかになるとか。「近頃の若い者は!」ではなく、やはり校風によるのだろう。 
 一般客は己一人、長野県産の白ワインをこたつにおいて、ポケットにねじ込んでいた文庫本を拾い読み、静かな長い夜を楽しめる。消灯の決まりは21時だが、宿泊客が少ないせいか女性スタッフの配慮か、部屋の明かりも消されることはなかった。                     

|

« 経営体験に観る「今ここ」(2)”今”と”ここ” | トップページ | 雪の北八ヶ岳縦走(2)本沢温泉へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/59370620

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の北八ヶ岳縦走(1)麦草ヒュッテへ:

« 経営体験に観る「今ここ」(2)”今”と”ここ” | トップページ | 雪の北八ヶ岳縦走(2)本沢温泉へ »