« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »

2014/10/20

晩秋の谷川岳(2)蓬峠への縦走路

<霧氷の浅間神社奥の院>
20141018dsc00321b昨夜は気温は氷点下まで下がったのだろう。風も強かったので、落葉した枝々は雨氷がダイヤモンドのように朝日に輝いている。一の倉岳、茂倉岳の稜線が伸びやかだ。ここからは岩登りの殿堂と語られる風景は窺えない。

                               


                           <青い空の下>

20141018dsc00330b しかしトマノ耳から少し下った鞍部から覗くと一ノ倉沢から突き上げてくる岩壁に圧倒される。
 写真左下の岩に一枚の遭難碑が刻まれている。昭和28年11月3日一ノ倉沢Bルンゼで新雪に阻まれ遭難したとある。22歳、23歳二人の青年の遭難碑、そこには、お二人の勤務先もM銀行本店と刻まれている。

<双耳峰の谷川岳 >
20141018dsc00342b太平洋戦争敗戦後の日本経済の復興を担い、見届けたであろう前途有為の青年の遭難の碑だ。
 会社名が碑に刻まれているのも感慨深い。当時の企業名は、今よりもっと誇らしげで重みのある価値あるものだったに違いない。
 お二人が今ここに立ち現れたら、今の日本経済に、そして己れの会社の今の姿に、いかなる感想を持つのだろうか。僕は唯々黙祷するのみだ。

続きを読む "晩秋の谷川岳(2)蓬峠への縦走路"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋の谷川岳(1)谷川岳山頂

<天神尾根の晩秋>
20141017dsc00260b2014年10月17日久しぶりの山歩き、晩秋の谷川岳を選んだ。一日目は生憎の雨、肩の小屋が近づくに連れ雪に変わった。雪と強風の中肩の小屋に着く。まだ12:30分、小屋の中は悪天候を避ける登山者で溢れている。

                                <肩の小屋から夜明け前の土合の街>
20141018dsc00264b 帰るあてのない身、しばし温かいココアを啜りながら窓に寄り添って文庫本を開くことに。今回は阿満利麿著「歎異抄」親鸞の教えを先鋭的に伝えてくれている衝撃の書、それだけに極めて危険な書でもある。                     

<トマノ耳のご来光>
20141018dsc00273bこの谷川岳の頂きの眺望に似ている。ロープウェイで上がってくれば、山頂までたった2時間半往復4時間でこの風景に出逢える。ただしこの肩の小屋に一泊留まらなければならないのだが。

続きを読む "晩秋の谷川岳(1)谷川岳山頂"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »