« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015/01/31

<棹秤を自分で持つ>

  2015年1月22日(金)ECB(欧州中央銀行)が向こう一年半の間に150兆円余のユーロの量的緩和に踏み切ると報道しています。日銀の黒田マジックを追うこと2年、FRBのQE3を追うこと6年、これで経済先進国のすべてが大量の通貨を増発することになりました。量的緩和とは大量の紙切れ通貨の大量増発ですが、先を行くFRBは年央にも増発した米ドルの圧縮をはじめると噂されています。この量的緩和に共通しているのは、目標を物価上昇2%、紙幣の増発は中央銀行が国債を買い込むという手法を使っていることです。

<国債マイナス金利広がる>2015年1月24日日本経済新聞記事

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC23H0C_T20C15A1EA2000/

 この記事にみられるように国債の金利がマイナスで取引されています。これは各国中央銀行が額面より高い価格で国債を買い入れている、つまりそれだけ中央銀行が含み損を抱えつつ量的緩和をしているということを意味しています。物価上昇目標2%が実現しなければ(恐らくしないでしょう)いずれその含み損が現実のものとなり国の負債として表に現れるというわけです。

続きを読む "<棹秤を自分で持つ>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現役官僚の内部告発小説「東京ブラックアウト」を読み終えて

書名 「東京ブラックアウト」
 
著者  若杉洌

出版社 講談社

話題の小説昨夜遅くに読み終えた。枕元の読書灯を消して目を瞑った一瞬背筋がゾクッと凍りつく、ホラー小説を読み終えた感覚に襲われた。ドラキュラ伯爵が浮世絵美人のうなじから生き血を吸っている、ゾンビが口の周りを真っ赤に染めて日本国民の生肉を貪っている。とても円山応挙の幽霊のような優美な姿ではない。おどろおどろと繰り返し、繰り返し蘇りながら襲ってくる。

続きを読む "現役官僚の内部告発小説「東京ブラックアウト」を読み終えて"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015/01/07

<個人(家庭)の貸借対照表(B/S)>BST講座の皆様へ

<資金の循環と複式簿記の原理>
Photo  年に一度、大掃除が終わったら、家庭の資産・負債&資本を整理してB/Sを作ってみませんか?
 講座に参加していただいている皆さんは決算の都度、B/Sの重要性性を味わっておられると思います。僕が長年使っている個人のB/S(エクセル表)を差し上げます。メッセージにメールアドレスをご一報ください。マニアルが有るわけではありませんので、試行錯誤、疑問質問はこのコミュニティや直接メールでキャチボールしましょう。
 

続きを読む "<個人(家庭)の貸借対照表(B/S)>BST講座の皆様へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/01

明けましておめでとうございます。

    <顧客満足の輪廻>
20150101
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 栃木は今年も穏やかな元旦になりました。皆様にとって、健やかな一年になりますよう祈念申し上げます。
 今年は干支の七周目、最後の一周が始まります。
 昨秋の黒田マジック第二弾、消費税実行の予告と思ったら、何故か消費増税先送り解散で新年を迎えました。二度にわたる師走の総選挙の流れの意味するところはなんなのかそこはかとない不安に包まれる新年です。昨年に続き「ひたすらの平和」を祈る元旦です。
FRBのQE3の後を追って、今年は黒田マジック第三弾があるのではと市場では予想をしていますが、さてその後は?
 なんだかアベノミクスは消費税が3%上がっただけ、それ以外はこの一年止まっていたような、と思うほど一年前の“今ここ”にいる心境になります。ということで、一年前のご挨拶も。

続きを読む "明けましておめでとうございます。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »