« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015/02/23

雪の安達太良山を歩く(2)「ほんとの空」

   <さあ安達太良山へ>
20150221dsc00515b2015年2月21日7:30分安達太良山山頂を目指して歩き出す。昨夜の風で踏み跡は消え風の名残が風紋に残っている。スノーシューを一歩踏み出すとカリッカリッと雪の凍った音がする。氷点下7度、無風なので寒くはない。
 


                              

                                                                         <谷を埋める山影>
20150221dsc00521b  遠くに頭を出している赤いリボンの篠竹を頼りに登っていく。「ほんとの空」を目指して。

 

<あどけない話-智恵子抄よりー>
智恵子は東京に空が無いといふ、
ほんとの空が見たいといふ。
私は驚いて空を見る。
桜若葉の間に在るのは、
切つても切れない
むかしなじみのきれいな空だ。
どんよりけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ。
智恵子は遠くを見ながらいふ。
阿多多羅山あたたらやまの山の上に
毎日出てゐる青い空が
智恵子のほんとの空だといふ。
あどけない空の話である。

続きを読む "雪の安達太良山を歩く(2)「ほんとの空」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015/02/22

雪の安達太良山を歩く(1)くろがね小屋

      <くろがね小屋遠望>
20150220dsc00493b2015年2月20日(金)安達太良山を歩く。初の東北雪の山、奥岳登山口、スキー場から聞こえてくる音楽を左耳に聞きながらスノーシューを履いて歩き始める。しばらくすると雪の樹林帯の静寂が訪れる。今日はまだ前を歩いている人はいないようだ。トレースが雪の覆われている。
 勢至平で分岐した道、すばらく湯川を下に見ながら右岸をトラバース、少々緊張するが今日のような天気なら心地良い緊張感だ。
 2;30ほど歩くと谷間の高台に名前に似つかわしい真っ黒の山小屋が小さく見える。くろがね小屋だ。
 
 

続きを読む "雪の安達太良山を歩く(1)くろがね小屋"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »