« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »

2015/08/06

北ア裏銀座を歩く(第四日)双六小屋から新穂高温泉へ下山

<双六池から弓折岳・笠ヶ岳を望む>
20150802dsc01399b8月2日今日は最終日5:00御来光を拝んで出発。小屋の裏手に双六池がある。弓折岳から笠ヶ岳へ通じる稜線が朝日に輝いている。花街道といわれる道でこの時期多くの花々に彩られる華やかな道だ。これで三年連続この道を下山する。

                            
                               <ミヤマトリカブト>
 
20150802dsc01404b_2ミヤマトリカブトが朝日に映える。ミヤマトリカブト、ミヤマシシウドなど花々が槍穂の岩峰に対峙して美しい曲線美を誇っている。

 

続きを読む "北ア裏銀座を歩く(第四日)双六小屋から新穂高温泉へ下山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北ア裏銀座を歩く(第三日)雲ノ平から双六小屋へ

       <笠ヶ岳>
20150801dsc01316b8月1日雲ノ平から縦走第三日がはじまる。雲ノ平は東に水晶岳の稜線が連なっているので、朝日が出るのが遅いそのお陰で南の三俣蓮華、笠ヶ岳、黒部五郎岳に光を当てながら雲ノ平に光が届くのをゆくり楽しむことができる。




                          
                         <雲ノ平の朝まだき> 
 20150801dsc013242b_2今年は雲ノ平もコバイケイソウが朝日に輝いて美しい。

続きを読む "北ア裏銀座を歩く(第三日)雲ノ平から双六小屋へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/05

北ア裏銀座を歩く(第二日)ブルームーンの雲ノ平へ

        <三ッ岳から御来光>
20150731dsc012063b_27月31日4:00烏帽子小屋を立つ、昨日さぼった3.5時間は今日の予定に重なってくる。長い一日になりそうだ。
  







                                                                        
                          

                                                                   <針ノ木岳を背に烏帽子岳>
20150731dsc01210b_2 小一時間歩くと三ッ岳山頂に着く。朝日が昇ってくる、厳かな一瞬だ。              
 振り返れば烏帽子岳、その後ろに針ノ木岳が霞んでいる。


                      

続きを読む "北ア裏銀座を歩く(第二日)ブルームーンの雲ノ平へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北ア裏銀座を歩く(第一日)高瀬ダムから烏帽子岳へ

      <登山口高瀬ダム>
20150730dsc01161b2015年7月30日5:45分高瀬ダムの堰堤で乗り合いタクシーを降りる。北ア裏銀座の縦走はここからはじまる。還暦記念に歩いてから、6年目、12年目と3度目、老いを自覚するために歩いているようだ。夜行バスの予約が取れず、七倉温泉に前泊する。

                                     
                              <烏帽子小屋のコマクサ>

 20150730dsc01176b予定通り11:45分烏帽子小屋に到着。この調子なら12年前と同じペースだ。、野口五郎小屋まで足を伸ばせそうだ。しかし縦走路の先は雲行きが怪しい、前泊を同宿した同じ単独行の老中は、気圧が下がっているから留まれと忠告してくれる。忠告に従って早々に小屋へ入り単独行の老中三人で、持参の梅酒、ウイスキーを手酌で世相談義。

 

続きを読む "北ア裏銀座を歩く(第一日)高瀬ダムから烏帽子岳へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »