« 北ア裏銀座を歩く(第三日)雲ノ平から双六小屋へ | トップページ | 南ア白峰三山縦走(1)白根御池小屋へ »

2015/08/06

北ア裏銀座を歩く(第四日)双六小屋から新穂高温泉へ下山

<双六池から弓折岳・笠ヶ岳を望む>
20150802dsc01399b8月2日今日は最終日5:00御来光を拝んで出発。小屋の裏手に双六池がある。弓折岳から笠ヶ岳へ通じる稜線が朝日に輝いている。花街道といわれる道でこの時期多くの花々に彩られる華やかな道だ。これで三年連続この道を下山する。

                            
                               <ミヤマトリカブト>
 
20150802dsc01404b_2ミヤマトリカブトが朝日に映える。ミヤマトリカブト、ミヤマシシウドなど花々が槍穂の岩峰に対峙して美しい曲線美を誇っている。

 

     <ミヤマシシウド>
20150802dsc014112b_2ミヤマシシウドが咲き始めの若々しさで心なしか頼りない。

                               <槍穂のミヤマシシウド>
                        20150802dsc01416b
   その頼りなさがまたカメラを向かわせるからままならないものだ。

<ハクサンフウロ>
20150802dsc01420b ハクサンフウロ昨日の稜線上のものとは少し色が違って赤みが強い。早朝でまだ瑞々しい

                               <クロユリ>
                            20150802dsc01426b_2
 今年はクロユリ平にクロユリがない。一週間ほど早く咲いたようだ。鏡池下山路と笠ヶ岳縦走路との分岐点、弓折乗越に一輪咲いていた、ハリのある盛りの花弁を見せている。しんがりの意地をみせているのだろうか。

    <焼岳と乗鞍岳>
20150802dsc01431b槍穂の岩峰と違って丸みを帯びた焼岳、乗鞍岳の山容も雄大だ。遠くに木曽御岳山も霞んでいる。

                                                   
                                    


                                        
    <一輪の明と暗>
                                                                                      20150802_2

 岩壁に影花が一輪挿しになっている。明と暗自然の造形の妙だ。思わず切り取ったワンショット、吾ながらうれしい一枚だ。

 <鏡池>
20150802dsc01436b

8:30分鏡池に着く。かき氷練乳トッピングで一杯500円也、
 池面に槍穂の映る素晴らしい眺望のところ、ここは宿泊して朝日の逆さ槍穂を楽しみたい。

                              <キヌガサソウ>
                               20150802dsc01441b

キヌガサソウは乾燥気味で元気がない、雨に濡れているほうが瑞々しく美しい。

      <シモツケソウ>
20150802dsc01448bシモツケソウにカメラを向けるようになると山旅も終りに近い。若い一枝が艶やかだ。
わさび平着12:30分水分補給で先を急ぐ、10分ほど歩くと笠新道登山口だ。昨年早朝ここから歩き始めた。
 高山の救急車が止まっている、笠新道で事故があったようだ。
 13:50分いつもの日帰り温泉奥飛騨の湯に浸かって4日間の汗を流して山旅を終える。
「平湯→松本→長野→大宮」都心を通らないで済むのも、僕にとっては北アの魅力、有り難い。

|

« 北ア裏銀座を歩く(第三日)雲ノ平から双六小屋へ | トップページ | 南ア白峰三山縦走(1)白根御池小屋へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/62029682

この記事へのトラックバック一覧です: 北ア裏銀座を歩く(第四日)双六小屋から新穂高温泉へ下山:

« 北ア裏銀座を歩く(第三日)雲ノ平から双六小屋へ | トップページ | 南ア白峰三山縦走(1)白根御池小屋へ »