« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »

2015/10/31

バック・トゥ・ザ・フューチャーに見る現在過去未来(2)永遠の遅れと循環

<図2.永遠の遅れの自覚>
Photo_5
3.科学的思考の限界を
 縦軸に「相手中心・自己中心」を加えて4象限にしてみた。ここに言う相手とは他者、自己とは自我である。第一象限の「他者と未来」他者の視点から未来を考えるのが戦略の領域だ。右下の第四象限の「自我と未来」、未来を自己中心的に考えるのが、計画の領域だ。人間の 思考が自己中心になることからは逃れることはできない、それが主語述語という言葉で考える人間の思考の限界なのだから。計画はいかに利他の精神で考えても目標であって目的ではない。自己中心なのだ。 計画と実績に差がでる因(種子)がそこにある。
 「過去と自我」過去を自己中心的に考えるのが第三象限、管理の領域だ。計画と実績の差を「何があったんだ」「誰がやったのか、やらなかったのか」差異という結果から原因を因果論的に探すこと終始する。これはお釈迦様のいう「二の矢を継ぐな」だ。原因(犯人)探しをしても、出てしまった差異は埋まらない。差異を埋めるのは、“今ここ”の現在の行動に託されている。
 「過去と他者」相手中心に過去を見直すのが第二象限、分析の領域だ。実は過去の自分は、すでに他者なのだ。思考の上では対象として扱っているのだから。そこにも思考の主体としての己れが存在する。“今ここ”の一瞬の主体としての己れのみ唯一実在なのだ。いかに客観的に他者の立場で振り返っても、そこに他者であるべき過去の己れが介在する。科学的思考といわれる「Plan→Do→Check→Action」の構造とはこの縦軸に「他者中心・自我中心」横軸を「過去・現在・未来」とする四象限の永遠の循環なのである。計画と実績にズレ(差異)が出て当たり前なのだ。ズレの原因は二つだ。科学的思考には思考の主体としての、主語としての己れと、対象としての、述語としての他者とのズレ。一瞬も留まることのない刹那の時のズレである。すべてはその二つのズレによって循環的に変化していく。「P→D→C→A」のサイクルを回すだけでは。このズレは埋まらない。埋まらないズレは種子として未来へ引き継がれていく。いつか縁に出遭って、芽が出て膨らんで花が咲く。その花が自分にとって都合がいいか悪いかそれは咲いてみないとわからない。

続きを読む "バック・トゥ・ザ・フューチャーに見る現在過去未来(2)永遠の遅れと循環"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バック・トゥ・ザ・フューチャーに見る現在過去未来(1)未来はいつも白紙

<図1.未来はいつも白紙>
1 1)自分の未来は自分で作る 
 ロバート・ゼメキス監督の名作映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作のパートⅡで主人公のドクとマーティがタイムマシンデロリアンでワープした未来が2015年10月21日だったことから先週はテレビ報道でも話題が広がった。僕には、パートⅢのラストのドクの言葉が今でも強烈に残っている。独身だったはずのドクが妻子を連れて過去から戻ってくる。先に戻っていたマーティは、驚いてドクを問い詰める。「過去を変えてはいけない、過去を変えると未来が変わってしまう」と言ったのではなかったか、と。
 ドクはこう応える「過去にも行ってみた、未来にも行ってみた。結局、未来はいつも白紙なんだ、自分の未来は自分で作る」と。ドクのこの一言を聞いて、監督が、三部作を通してで伝えたかったテーマはこの「自分の未来は自分で作る」の一言に凝縮されているのではないかと思った。

続きを読む "バック・トゥ・ザ・フューチャーに見る現在過去未来(1)未来はいつも白紙"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/06

南ア白峰三山縦走(3)奈良田へ

<西農鳥岳から日の出前の富士山 >
20151001dsc01574b2015年10月1日予定通りなら今日は最終日、己のタイムスケジュール通り歩けば、奈良田発最終バスギリギリ間に合うはずだ。
 3:30分小屋の管理人さん、お湯とコーヒーを持って来てくれた。4:00に出立する僕のためだ。

                          <西農鳥岳の御来光>                          20151001dsc01590b

 出立時の熱い一杯の飲み物は有難い。昨日の雲の様子からも今日は午前中から天候が崩れそうだ。管理人さんも早立ちをすすめてくれる。
 早くも4:15分タイムスケジュールに15分遅れた。ヘッドランプの灯り頼りに西農鳥岳を目指す。
 5:00西農鳥岳山山頂、標高3,050㍍。三脚を立てカメラを据えて、しばし行動食を食べながら日の出を待つ。昨シーズンから行動食にカルビーのフルーツグラノーラを持参しているが味もよく好きな量をいつでも、どこでも食べられて便利だ。賞味期限の切れたアンパンの残りも食べる。日の出前後30分の雲の色、山肌の色の変化が美しい。農鳥岳の先に富士山が雲海に浮かんでいる。

続きを読む "南ア白峰三山縦走(3)奈良田へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/04

南ア白峰三山縦走(2)農鳥小屋へ

<櫛形山の黎明>
20150930dsc01478b9月30日4:30分玄関に用意された熱いお茶を一杯啜って御池小屋をでる。有り難い「おもてなし」の一杯だ。
 ヘッドランプを頼りに草すべりを登ること1時間、櫛形山の空が赤く染まり始める

                           


                               <夜叉神峠からの御来光>
20150930dsc01499b
 櫛形山と鳳凰三山の尾根の交わる、夜叉神峠から朝日が昇ってくる。いつどこで遥拝しても、昇る太陽は神々しく又美しい。
 7:00小太郎尾根の稜線に出る、風が激しく吹いている。ここから肩の小屋まで30分、北岳山頂へはさらに小一時間の距離だ。
 肩の小屋でホットココアを頂き、御池小屋の弁当で朝食を済ます。

続きを読む "南ア白峰三山縦走(2)農鳥小屋へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南ア白峰三山縦走(1)白根御池小屋へ

          <鳳凰三山>
20150929dsc01454b2015年9月29日11:00南アルプスの登山口広河原に立つ。歩き始めると立て看板がある。「登りたい山と登れる山の違いを・・・・」と記されている。

                             
                                  <白根御池小屋の秋>
 20100929dsc01472bドキッとする。さて今回の白峰三山は己れにとって、どちらに属するのか?
 なにしろ42年前30歳のとき上司から配属された18歳の新入社員と二人で歩いた縦走路、無邪気に先を行く若者に煽られて難渋した記憶が甦る。                        

続きを読む "南ア白峰三山縦走(1)白根御池小屋へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »