« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015/11/15

ラ・ボエシ著「自発的隷従論」 を読む

書名 「自発的隷従論」
著者 エティエンヌ・ド・ラ・ボエシ
出版社 ちくま学芸文庫
Photo_4  書店の店頭を逍遥するのは子供の頃縁日の夜店を歩いたような、ワクワク感があります。一冊一冊が、「何か」を問いかけているように思えるのです。今春出会った一冊の文庫、十六世紀に十代の若者が書いたという、この論文は今我々に「何を」問いかけているのだろうか。十六世紀は、ヨーロッパ人が「新大陸を発見した!」と、アメリカ大陸へ殺到した頃ですから、すでに古典といわれるジャンルに属するものです。過去、日本でも翻訳されているそうですが、単行本として出版されるのはこのちくま学芸文庫版が初めてなのだそうです。初版は二年前の秋、僕が手にしたのは今年の春、すでに5版を重ねています。この古典は21世紀を生きる日本人に「何を」問いかけているのだろうか。
 人間の本性は自由を求めている。オリに入れられたり,頸木を嵌められるなら、命がけで抵抗する。と多くの人々は思っているのではないでしょうか。生物の本性とはそいういもの、人間も生物だから同じだ、と。もちろんかくいう僕自身もそう思っていました。
 ところが著者は「そうではない」といいます。十六世紀、国民国家、民主主義といった政治体制があったわけではない。がしかし、著者ボエシの解き明かした、自らすすんで服従する性癖としての「自発的隷従」は王制、独裁制、君主制、民主制等々政治体制のいかんにかかわりなく、21世紀の今日においても存在するものだという。この本の帯には「圧政に”自ら従う”奴隷根性は今も昔も変わらない」とあります。

続きを読む "ラ・ボエシ著「自発的隷従論」 を読む"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »