« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016/03/05

中央アルプス千畳敷雪中散歩(2)黎明の南アルプス

   <甲斐駒ケ岳の朝>
20160302dsc02114bここはホテルの部屋に居ながらにして南アルプスの稜線から昇る朝日を拝むこともできる。夜は満点の星空だ。
 とはいえ5:30分スノーシューを装着してカメラを首に千畳敷カールへ出る。
  


                                     <仙丈ヶ岳の朝>
 20160302dsc021262b_2
南北に走る伊那谷を挟んで東に南アルプス、西に中央アルプスの稜線が連なっている。6:08この季節甲斐駒ケ岳と仙丈ヶ岳の間から朝日が昇ってくる。甲斐駒ケ岳から仙丈ヶ岳の稜線が赤と黒、天と地とを切り裂いて神々しい。

 

続きを読む "中央アルプス千畳敷雪中散歩(2)黎明の南アルプス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中央アルプス千畳敷雪中散歩(1)千畳敷

<八丁坂を乗越浄土へ先導する若い登山者>
20160301dsc01991b2016年2月29日(月)ロープウェイで一気に標高2,612㍍の千畳敷カールに立つ、そこにホテル千畳敷がある。山頂駅とホテルは直結している。外は強風と横殴りの雪でも、凍えることなくフロントへ直行、山好きには有頂天なホテルだ。

                              <ホテル千畳敷>
 12:20分20160301dsc01989b高速バスで駒ヶ根に着くと地元に暮らす40年来の古友が待っていた。会って話したのは両手で数えることができる。でも忘れられない友、今回の山行は古友との茶飲み話から始まる。久々に地元のB級グルメ「ソースかつ丼」を味わう。 
  突然携帯に電話、ホテル千畳敷からだ。強風で動かなかったロープウェイを動かすから14:15のバスに乗れと。バス停で、次回の再会を約し、車中の人となる。
 雪の中に建つ一棟のホテル、雪の千畳敷は異次元の世界に入り込んだ気分になる。宿泊者は4人、ということはロープウェイが動いたのは上り一駕籠のみ、あたり前のことだが、すれ違った駕籠は空っぽだ。

続きを読む "中央アルプス千畳敷雪中散歩(1)千畳敷"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »