« 北八ヶ岳を歩く | トップページ | 中央アルプス千畳敷雪中散歩(2)黎明の南アルプス »

2016/03/05

中央アルプス千畳敷雪中散歩(1)千畳敷

<八丁坂を乗越浄土へ先導する若い登山者>
20160301dsc01991b2016年2月29日(月)ロープウェイで一気に標高2,612㍍の千畳敷カールに立つ、そこにホテル千畳敷がある。山頂駅とホテルは直結している。外は強風と横殴りの雪でも、凍えることなくフロントへ直行、山好きには有頂天なホテルだ。

                              <ホテル千畳敷>
 12:20分20160301dsc01989b高速バスで駒ヶ根に着くと地元に暮らす40年来の古友が待っていた。会って話したのは両手で数えることができる。でも忘れられない友、今回の山行は古友との茶飲み話から始まる。久々に地元のB級グルメ「ソースかつ丼」を味わう。 
  突然携帯に電話、ホテル千畳敷からだ。強風で動かなかったロープウェイを動かすから14:15のバスに乗れと。バス停で、次回の再会を約し、車中の人となる。
 雪の中に建つ一棟のホテル、雪の千畳敷は異次元の世界に入り込んだ気分になる。宿泊者は4人、ということはロープウェイが動いたのは上り一駕籠のみ、あたり前のことだが、すれ違った駕籠は空っぽだ。

   <宝剣岳(標高2,931㍍)>
20160301dsc02058_23月1日朝6:00に歩き始めるつもりが、夜通しの強風と雪、アイゼンを装着するシェルターの入り口の寒暖計は、なんと氷点下30度だ。出立の準備は整えたものの諦めて風の止むのを待って待機すること3時間。
 風も穏やかになり、新調した雪の斜面にエッジの効くMSRのスノーシューを装着して歩き始める。 前方に若い男性の登山者が踏み跡の消えた斜面に新しい踏み跡を残してラッセルしながら力強く登っていく。                                                           
                                <千畳敷カール>
 
雪原の中20160301dsc02070b強風に舞う雪に視界を遮られ方向が定まらない、先を行く登山者のトレースはありがたい。感謝のお礼にと、後ろ姿を数枚カメラに収めた。
 緩斜面は新調したスノーシューが新雪に浮力を効かせて軽快に登っていった。ところが乗越浄土の手前、残り1/4の急斜面、スノーシューではどうしても登れない。新雪の下は凍っている。アイゼンに変えるにはザックを降ろさなければならないが急な斜面では身の置き所もない。
    <サギダルの頭>
20160301dsc02075b 思案のあげく諦めて下ることにした。己れの甘さに臍を噛む。緩斜面に戻る頃にはすっかり風も収まり、薄絹のような雪を纏った宝剣岳(標高2,931㍍)が 紺碧の空に岩峰を突き上げている。
 午後になると宝剣岳からサギダルの頭、檜尾岳と南北に連なる縦走路の稜線が千畳敷の純白のキャンパスを白と黒に切り分けながら見る者を飽きさせることなく刻々と変化していく。
 刻々と変わる岩峰の陰影に見とれながら、スマホのスイッチを入れるとFBに「木曽駒で6人遭難」と出てきた。前日に乗越浄土の先で滑落したとある。眼前の八丁坂でも一人。昨冬ロープウェイの故障で登れなかった登山者が今冬喜び勇んで登ってきたことに起因するのだろうか。かく言う己れも昨年の計画を今冬に持ち越した一人だ。
 あまりの好天と白と青、白と黒の墨絵に魅せられて、連泊することにした。一昨年の山行から意識している山中での連泊が初めて実現する。急ぐことはない。「“今ここ”に留まる」だ。
 先行するトレースで助けてくれた男性はご夫婦で来ていた。メールアドレスを伝えて、お礼の写真を送ることを約した。

|

« 北八ヶ岳を歩く | トップページ | 中央アルプス千畳敷雪中散歩(2)黎明の南アルプス »

コメント

田村元さん
コメントありがとうございます。
 登り切ってしまえば、達成感に満ち溢れるはずなのです。はじめからアイゼンで歩き始めれば、登り切れたはずなのですが、心残りです。(苦笑)
 翌週新たに雪が降り、まさに僕が引き返したあたりで5人が雪崩に遭遇していますから、何事も正解はないですね。

投稿: 明賀義輝→田村元さんへ | 2016/04/03 20:00

冬山の美しさと厳しさ(怖さ)が同時に迫ってくる様子が伝わってきます。

投稿: 田村元 | 2016/03/08 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/63299643

この記事へのトラックバック一覧です: 中央アルプス千畳敷雪中散歩(1)千畳敷:

« 北八ヶ岳を歩く | トップページ | 中央アルプス千畳敷雪中散歩(2)黎明の南アルプス »