« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016/04/08

今読む 書名「日本的霊性」 著者 鈴木大拙

書 名「日本的霊性」
著 者 鈴木大拙
出版社 岩波文庫・中公クラシックス
書 名「神殺しの日本」
著 者 梅原猛
出版社 朝日文庫
Photo 曰く「日本を取り戻す」「日本は素晴らしい」「日本のおもてなし」「日本のものづくり」このところ日本国内に「日本」「日本」の大合唱がこだまする。外国人観光客が日本国内で消費することをインバウンド消費というらしい。日本語の便利な表現形式に外来語を片仮名表記する方法がある。インバウンドを外国人観光客と意訳したのだろうか。英語には「in-bound」は境界内、内向きという意味があるそうだ。国民の国内消費が低迷しているから、外国人のお金を当てにしようという意味にも取れる。一方で第二次安倍政権の経済政策、円安誘導で輸出企業が潤いトリクルダウンが起きるそうだ。結局ここも外国人頼みに見える。共に内向きの姿勢の表出ではないだろうか。
 取り戻す「日本」とは何なのか、日本文化のことか、戦前の天皇制のことか、愛国心のことか、日本人の心のことか、日本の領土のことか。日本を取り戻さなけれえばならないとすれば、今の日本は日本ではないのか、誰から取り戻すのか。へそ曲がりの僕は「ちょっと変だぞ!今の日本人」と首を傾げたくなる。日本人の文化は、自分のことをあからさまに自慢するの嫌う文化ではなかったか。人間の尊厳とは、一人の人間として他者に依存せず、個として自立した心の有り様ではなかったのだろうか。

続きを読む "今読む 書名「日本的霊性」 著者 鈴木大拙"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »