« 立山三山縦走(2)雄山→別山→劔御前一雷鳥沢→室堂 | トップページ | 明けましておめでとうございます(循環の思想と即非の論理と) »

2016/10/10

南ア前衛の山鳳凰三山を歩く(ドンドコ沢から三山経由青木鉱泉)

<南精進滝>
20160927dsc03451b2016年9月27日(火)~28日(水)10:30分青木鉱泉からドンドコ沢を歩き始める。過去に二度下ったことがある。下るたびに、ここは登る道ではないと思った道だが、今日はひょんなことから登ることになった。鳳凰小屋まで一日急登の連続だ。
 沢筋を登るので、展望はない、がここは美しい滝を3つも鑑賞しながら歩ける希少な道だ。余裕を持って下ると3つの滝を楽しめるのだが。
 まず2時間ほど歩くと南精進ヶ滝に出会う、ここは登山道から少し入るだけなので、二段の滝を楽しめた。
  白糸の滝、五色の滝は樹林の間から垣間見るだけただひたすら一歩一歩あるくのみ、「だから登るな!といったじゃないか」と己れが己れに文句を云う。いつもの悪い癖がでる。

   
                                                                <地蔵岳から夜明け前>
                            20160928dsc03461b
鳳凰小屋についたらすでに18:00、消灯は19:00だと言う。一皿のカレーライスを急ぎ胃袋に流し込んだ。初めて泊まる小屋だが、食堂は土間夕食はカレーライスと昔の山小屋の風情が色濃く残っている。
 梅酒をひとなめして就寝、いつもの調子で1:30頃に目が覚めて小屋の外へでる。空は満天の星、明日のご来光が楽しみだ。               
                         

 

                                                             
                                      
                                                                                 

    <地蔵岳夜明け前>
20160928dsc03465b 地蔵岳頂上でご来光をと4:00に小屋を出る。地蔵岳賽の河原につく頃甲府盆地を覆う雲海の向こうから朝日が上ってくる、雲海の白と空の赤との際立った違いも美しい。

 

                                     <ご来光>                             
20160928dsc03470b  松本へ向かう中央線あずさが甲府を出ると左手に鳳凰三山の山並みが見える。いつも車中から地蔵岳のオベリスクを見つけると思わず嬉しくなる。オベリスクを見つけた途端に心はすでに山頂にいる。
 オベリスクの根元が賽の河原、そこには小さなお地蔵さんが林立している

 

   <地蔵岳のお地蔵さん>
20160928dsc03482b南アルプスの主脈から外れているために前衛の山と呼ばれるが地蔵岳の標高は2,764㍍、中央の観音岳は2,840㍍、薬師岳は2,780㍍ある。主脈に引けを取らない高さがある。
 真新しい衣装のお地蔵さんが可愛らしい。誰が着せたのだろうか、粋な計らいだ。

                                                               


<地蔵菩薩の祈り>
                 20160928dsc03485b

「さん」ではなく、「様」と呼びたくなるような風情のお地蔵様が祈っている、雲海のせいか、西方浄土へ誘っているように見える。
 浄土教にニ河白道の喩えがある。右岸にはすべてを焼き尽くす業火の炎、左岸にはすべて押し流す濁流が渦巻いている。その間を細い一筋の白い道が曲がりくねって続いている。向こうでは「この白道を歩いてこい」といい、背中から「さあ前に一歩を踏みだせ」と曰う。     <地蔵岳オベリスク>
20160928dsc03491b
ともに阿弥陀如来の促しだと。ニ河白道のすべてが“今ここ”を生きている娑婆のことなのだ。           
                         
ドンドコンドコ沢の難行もこの心象風景を目の当たりにすると、白道歩く老中道も満更でもないと思う。お地蔵様も西を背にドンドコ沢を見下ろして、「さあ来い!」「さあ来い!」と誘っているようだ。                             

                                          

                                
                           <観音岳から笠雲の富士山>
                   
                                                     20160928dsc03506b
 オベリスクは賽の河原を赤抜け沢の頭へ向かってしばし歩いて振り返ると切り立っている姿が美しい、紅葉の錦の衣を纏っている。
観音岳から見る富士、今日は大きな笠を冠っている。20160928dsc03507b

<薬師岳(観音岳より)>



  
鳳凰三山の締めは薬師岳、途中丈の低いナナカマドが真っ赤に色づいて、今が盛りと熟れてはち切れんばかりに輝いている。

                            


                               <ナナカマド>

                                                        
 20160928dsc03514b薬師岳でゆっくり温かいコヒーに熱々のラーメンと思いつつたどり着いたのだが、そんな期待を裏切るようにパラパラと雨が落ちてきた。ここから一気に青木鉱泉へ下る中道も樹林帯をひたすら下る長い下山路が続く。 よろよろと青木鉱泉にたどり着いたら時計は17:00を示している。ご来光の輝き、お地蔵さんの祈りと想いは深く心に、足腰にはドンドコ沢と中道の苦行をしっかり刻んだ山行になった。              
 今回の山行は、僕には珍しく、一歳下の従兄弟が同行してくれた、一人歩きを気遣っての同行という。有り難い。
 従兄弟のすすめで青木鉱泉の湯に浸らず、スマホで探すと韮崎周辺に源泉かけ流しの湯が三ヶ所あるという。そのうちの一つ韮崎旭の湯へ寄った。これがまさに加温、循環、加水、無しという純粋源泉かけ流しだ。肌に極小の気泡がびっしりと付く。そっと掌で肌を押さえると、気泡が潰れてピチピチと肌に掌に響いてくる初めて体験する素晴らしいお湯だ。外観は小さな地元の住人のための日帰り温泉だがお薦めの名湯だ。偶然という縁に委ねる出会いの不思議だ。                     

|

« 立山三山縦走(2)雄山→別山→劔御前一雷鳥沢→室堂 | トップページ | 明けましておめでとうございます(循環の思想と即非の論理と) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/64290388

この記事へのトラックバック一覧です: 南ア前衛の山鳳凰三山を歩く(ドンドコ沢から三山経由青木鉱泉):

« 立山三山縦走(2)雄山→別山→劔御前一雷鳥沢→室堂 | トップページ | 明けましておめでとうございます(循環の思想と即非の論理と) »