« 2017年1月 | トップページ

2017/02/26

映画「沈黙」を観て

遠藤周作著「沈黙」をマーチン・スコセッシ監督が映画化したと聞いて、若い頃読んだまま記憶の底に沈んでいるストーリーを思い出すべく読み直して、上映されるのを楽しみに待っていた。監督が小説「沈黙」に出会い、映像化しようと30年の長きにわたって考え続けた作品だという。
 ご自身がクリスチャンでもある遠藤周作が日本人であるがゆえに持たざるをえなかった「神の実在」という信仰上の悩みの過程を、江戸幕府初期のキリシタン弾圧と信徒の棄教との関係に置き換えて語ったのだろう。
 遠藤周作の原作は発表当時西欧では発禁処分にした国も多かったと聞いている。日本人が映画化するには、小説のテーマをまともに描けたとすれば、映像であるだけに「神の実在を信じる一神教の人々には、小説以上に厳しい扱いをうけるのではないだろうか。
 とはいえ「神の実在」を宗教の本質とする人々が日本人の遠藤周作の日本人ゆえの信仰の悩みを理解して映像化するのも困難に思われる。遠藤周作の原作は神への冒涜とも読めるだけに難しいだろうと思うのだ。しかしマーティン・スコセッシ監督は構想30年、抑制...の効いた映像、脚本、俳優の名演技で見事に映画化してみせた。

続きを読む "映画「沈黙」を観て"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ