« 「時」は未来から現在へと流れている | トップページ | 明けましておめでとうございます(2018年元旦) »

2017/10/29

絵本「100万回生きた猫」にみる「お客様第一主義」

 

書名「100万回生きた猫」
著者 佐野洋子
出版社 講談社
   <選び・選ばれる関係>
20171028100 「顧客満足」とか「お客様第一主義」を標榜してはいるものの、なかなか実現できている企業は少ないのです。「『売る』から『買っていただく』と言葉の上では丁寧になり視点がお客様に移ったようにみえるのですが、言葉が変わっただけで、思考は変わっていないのです。お客様第一主義は天動説から地動説への転換、コペルニクス的、質的転換なです。太陽とまでいいませんが、せめて月面に立って地球を見るという立ち位置の転換なのです。絵本「100万回生きた猫」にその転換を垣間みることができます。

佐野洋子著「100万回生きた猫」は、1977年出版以来40年余のロングセラーです。主人公“とらねこ”は飼い主に愛されては死に、生まれ変わって又愛されては死ぬ、を100万回繰り返します。100万人の飼い主は、精一杯の愛情を注ぐのですが、本人はちっとも飼い主を好きになれないまま、生と死の輪廻転生を繰り返すのです。とうとう飼い主も愛想を尽かしたのでしょうか、愛してくれる飼い主のいない野良猫に生まれ変わってしまいます。

 野良猫になると今度は次から次へとメス猫がプレゼントを持って寄ってきてプロポーズをするのです。“とらねこ”は「おれは、100万回もしんだんだぜ。いまさらおっかしくって!」と相手にしません。“とらねこ”はきわめて自己中心的な性格だったのです。しばらくすると、こちらを見向きもしない白猫がいるのに気が付きます。このまったく自分に関心を示さないメス猫の関心を引き寄せようと苦心惨憺、ようやく仲良くなり子供をたくさん作って幸せな生活を過ごすようになります。幸せは続かず、今度はその愛する白猫が先に死んでしまうのです。悲しみに暮れる“とらねこ”は、そこで初めて自分の悲しみを通して、過去の100万人の飼い主の悲しみを知ることになります。そして自分も愛する白猫の傍らで死に二度と生まれかわることはなかった。というお話です。

 お客様第一主義を標榜する企業で、しばしば耳にするのが、「お客様に愛される店作り」「信頼される会社になりましょう」です。まさに絵本の主人公の“とらねこ”と一緒です。万人から愛されたいと思い、万人から愛されても、自分はその相手を愛することはできないのです。この“とらねこ”の過去の愛は、自利の愛、愛されても、愛されても渇きが増していきます。「100万回愛されて100万回死ぬ」これは仏教的には渇愛、地獄の愛なのです。

まさに「愛される店作り」とはこの渇愛のことです。そして「自分は別にして、お客様第一主義」ですから、つまるところ「自分第一、お客様第二」なのです。

ところが白猫に出会って「一回愛して、一回死んだ」、この白猫と“とらねこ”の愛、これは主体的な愛です。真の「お客様第一主義」、「お客様を愛する店作り」「お客様を信頼する会社になる」ことなのです。となるとまずお客様を選ぶことが先になります。そこに主体性が生まれ、己れが選んだお客様のイメージに絞り込んだプライシング、品揃へ、品質、サービスが具体的にイメージできるようになります。まず、第一にお客様を選び、その選んだお客様に選ばれるという順番が真のお客様第一主義なのです。

 100万回死んで100万回生まれるという輪廻転生の末に真の愛に気づいたのだから、又次の白猫を愛することができるはずだ、とか白猫の後を追ったのかといった下世話の結末ではないのです。輪廻転生とは、本当に死後の世界があって、現世と死後の世界を転生するということではなく、「この世とあの世」「娑婆と冥土」、地獄と天国」「此岸と彼岸」といった二つの世界は、不一不ニ(一つではないが二つでもない)鈴木大拙が晩年に紡いだ大乗仏教の真理、「即非の論理」なのです。人は皆、日々この二つの世界の間を振り子のように揺れ惑いながら生きているということなのです。さあ書店で絵本を手にして確かめてください。「選び、選ばれる関係づくり」とは。

|

« 「時」は未来から現在へと流れている | トップページ | 明けましておめでとうございます(2018年元旦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/65973383

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本「100万回生きた猫」にみる「お客様第一主義」:

« 「時」は未来から現在へと流れている | トップページ | 明けましておめでとうございます(2018年元旦) »