« 明けましておめでとうございます(2018年元旦) | トップページ

2018/01/10

そこはかといない不安はどこから、?

<「生物的実体」と「社会的実体」の絶対矛盾を生きる存在>
20180110
1.生物的実体 
 宇宙誕生の初めビックバンから138億年が経ち、地球が誕生して46億年が経つという、そして微生物が誕生して38億年経ち、人類の祖先が誕生して600万年が経っている。しかしニコラス・ウェイド著「5万年前」によれば、現代人の祖先は5万年前に出アフリカを果たした150人の集団から始まったという。5万年で72億人にまでに増えたのだ。またリチャード・クラインは著書「5万円前に人類に何が起きたか」の中で、で西アフリカで人類の言語をつかさどる遺伝子に突然変異が起きたのも5万年前だと書いているから、ひょっとすると、あたかもモーゼの出エジプトの逸話のように、その人々が紅海を渡った150人なのかもしれない。150人の遺伝子は72億人にまで増殖したことになる。この遺伝子は個体の世代交代を繰り返しながら情報を伝えていく、生物的遺伝子だ。

2.社会的実体

 経済学者岩井克人は著書「資本主義から市民主義へ」の中で「人間は、他の社会的生物と違って、言語・法・貨幣を媒介として社会関係をつくり、またつくらざるをえない。直接的な接触やむき出しの暴力や物々交換だけでは、真の意味での人間社会は生まれません」と著しています。

そして言葉によって意識が生まれ、意識は過去・現在・未来という時間軸に広がっていく。さらに主語と述語の関係性から自他の分離が、起こり空間軸が生まれる。時空の誕生である。

 さらに言葉そのものが自他の間を媒介する、互酬の媒体として貨幣が生まれ、自他の約束を守るための法が生まれた。宗教や科学も言葉によって生まれてくる。他の生き物は群れを創るが、人間は他の生き物の群れとは機能の違う、家族、部族、国家、そして企業といった様々な形態の集団を形成するようになっていった。それらは文明とか文化と称されるが、それらはリチャード・ドーキンスがミームと名付けた環境遺伝子によって生物的遺伝子とは関係なく、独自に情報として時空を伝播していく。岩井克人はこれを社会的実体といい、人間は生物的遺伝子によって継承される生物的実体とミームによって個体とは無関係に継承されていく社会的実体との二重性を生きていく存在だ、といっている。

 社会的実体の始源は「言葉」、新約聖書第一章には「初めに言葉ありき・・・」と記されている。言葉以前のところが神の領域ということなのだろうか。人間も誕生すると命名さる。命名されて始めて人間として扱われる。名前がなければ、生物的実体としては人間でも社会的実体としては人間ではないということになる。基本的人権も道徳も倫理も社会的実体なのだから。

3.自己循環論法

 この「言葉」を始源とする社会的実体は、すべて循環論法としてのみ存在する。と岩井克人さんはいう。神はひとが信じるから存在し、貨幣は他者が受け取るから使われ、将来も使えるであろうから、蓄えられる。そして貨幣を蓄えるのは、実在しない「時」を未来のエネルギーとして蓄えることでもある。

 この循環論法に磨きをかけ進化させたのがルネデカルトの「我思う故に我あり」だ。二元論、循環論法、因果(原因と結果)論といった近代西欧文明の暁の鐘を鳴らした開祖とも称されるほど画期の言葉なのだ。岩井克人さんの不均衡動学から導かれる貨幣論は秀逸だ。今話題の「仮想通貨こそ究極の貨幣だ」という、ニクソンショック、リーマンショック、このショックの度に通貨は膨張し、リーマン・ショック後の米ドル、ユーロ、円、元といった先進国通貨の膨張は言語を絶するものだ。その行く末はハイパーインフレーションしかないとも語っている。そのときは、先進国通貨のいずれかを人々が信じられなくなったとき起きるのだろう。

 ついでにいえば、正義とか、信義などという「義」もこの社会的実体だから、振りかざすと人と人との間に軋轢が起きる。言葉が起源なのだから。基本的人権も憲法に記載され法によって守られるときにのみ存在する循環論法の賜物なのだ。倫理も然り、経営理念もまた然りだ。

 4.不一不二 

 この生物的実体と社会的実体の二重性は、一つではないのだが、二つに分けることはできない「不一不二」、同じではないのだが、異なるものでもない。二つにして一つ、一つでもなく二つでもないという矛盾を孕んだものなのだ。日本人の日本人による哲学を編んだ西田幾多郎は晩年このことを「絶対矛盾的自己同一」という言葉で表した。その友であり欧米に大乗仏教の普及に努めた、鈴木大拙もまたこれを「即非の論理」と言葉にした。

 生物的実体の生き物としての人間自身が「肉体『と』いのちの活き」という二重構造になっていて、これも不一不二、絶対矛盾的自己同一なのだ。いのちの活きを失った肉体は、モノではあって、もうすでに、人間ではないのだから。

 さらにこの生物的実体と社会的実体の絶対矛盾を生きる人間は仏教哲学的表現をすると、「色即是空・空即是色」の般若心経の教えであり、自我(意識的自己)と真の自己(内なる自己)の不一不二を生きているといえる。

5.不安も安心も安全も言葉から

 今日本人が抱いているそこはかとない不安はどこからくるのだろうか。すべてはこの言葉を起源とする社会的実体の膨張にある。言葉によって過去と未来という時間軸を意識化におき、主体(己れ)と客体(他者・他物)の区別という空間軸を意識化においたことから、ひとは未来や他者・他物に不安を抱くようになった。しかしその不安は意識によって生じるのだから、己れの生物的実体を犯すものと意識すれば、不安になるし、生物的実体を拡張するものと意識すれば、期待になる。未来も他者・他物も意識化の客体だから、己れの意識次第ということになる。

 とはいえ、IOT、AIと科学技術の進化のスピードはべき乗的に早くなり、貨幣(仮想通貨も)べき乗的にデリバティブしていく。すべて社会的実体の拡大スピードが生物的実体の感覚と著しく乖離していくからだ。

 医学という社会的実体も進歩し、臓器移植という技術で生物的実体をも侵襲し始めている。とうとう「脳死を死とする」などと生物的個体の死をも法律で決めるようになった。生物的個体の死は、本来すべての細胞の死。かってひとは九相図や釈迦の涅槃図を眺めて、いかなる生き物も、悟りを拓いた釈迦でさえ、必ず死を迎えることを学んだ。

 脳死は生物的実体の自(おの)ずからの死ではなく、社会的実体である法律の規定によって与えられた「死」なのだ。米国で法的に認められている代理母制度の利用が増加しているという。中国人富裕層の夫婦の利用が90%を超えている、と報道している。「脳死がひとの死」ならひとの誕生はいつだろう、生物的実体としては精子と卵子の融合したときなのだろうが、脳死がひとの死なら、母親の胎内で卵子が受精したときではなく、胎内で受精卵が分割を繰り返し脳の機能が生じたときとなるかもしれない。それ以前は「ひと(いのちの活き)」ではなく「もの」だから取り出して使うことも法的に認めようという時がくるのだろう、ひとの寿命も法という社会的実体が縮めていく。岩井克人さんが「資本主義は『倫理』が必要だ」という所以である。そしてその資本主義の申し子の存在である企業経営にも経営理念が必須な所以である。 

|

« 明けましておめでとうございます(2018年元旦) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/66263041

この記事へのトラックバック一覧です: そこはかといない不安はどこから、?:

« 明けましておめでとうございます(2018年元旦) | トップページ