« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018/11/24

「全体と個」の絶対矛盾的自己同一からみる日産の今日的問題

201811224 「経営とは何か?」を学ぶ若い方々にとって、今日の日産の経営問題は、格好のそしてなにより生々しい生きた教材だ。それだけに、カルロス・ゴーンさんの金銭に関わる個人的なことがらを善悪や好嫌といった二元論的視点に囚われない俯瞰的な視点が必要に思う。


1.「いのちの活き」

 「いのちの活き」は生物固有のものではなく、家族、部族、民族、国家といった人間が集う集団にも、集団を構成する個の命とは別の、集団固有の「いのちの活き」がある。だから企業には企業固有の「いのちの活き」がある。日産の今日的問題も「日産のいのちの活き」という視点から凝視する必要があるし、そこが経営的課題ではないかと思う。

続きを読む "「全体と個」の絶対矛盾的自己同一からみる日産の今日的問題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/05

マイケル・ムーア監督映画「華氏119」を観て。

いよいよ明日はアメリカ中間選挙。112日公開初日にマイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画「華氏119」を観た。20年後の日本社会の姿を暗示しているようにも観える。変化のスピードを考えるとさらに10年は早まるのかもしれない。映画で強く描かれていたことは、ブッシュ親子、トランプといった共和党政権、クリントン、オバマといった民主党政権、保守とリベラル、赤と青と区分けされていたはずの政権の活動資金の出所が同じだということだ。これがアメリカ社会の格差を広げてきた大きな要因だと映像は訴えている。リーマンショック直後ブッシュ政権からオバマ政権へ、共和党から民主党へ政権が移行した折、政権交代のはざまで7兆米ドルの資金が巨大金融機関の救済に投じられていた。当時からすでに語られていることではあるが。

続きを読む "マイケル・ムーア監督映画「華氏119」を観て。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »