« 2018年11月 | トップページ | 2019年3月 »

2018/12/31

「紅白の南天」のお正月」

<紅白の南天>

20190101_3 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。我が家の紅白の南天がたわわに実っています。南天は我が家に10本ほどありますが、すべて野鳥が運んできたものです。この紅白の南天も例外ではありません。庭で大きくなり実ったものは、野鳥の越冬の食になります。住居から遠いところから実がなくなっていくので、この紅白の南天もこれから春にかけて野鳥が食べにくるのでしょう。そして落とした糞からまた新しい芽が伸びてきます。鳥類は恐竜の進化したものだそうですが、この循環が鳥類の「いのちの活き」の循環であり、繁栄の道なのでしょうね。
2019

続きを読む "「紅白の南天」のお正月」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お金の『いのちの活き』を資本と仮名した」

   <図1.干支の循環>
20190101_2  明けましておめでとうございます。毎々の循環の賀状です。2019年の年頭に「お金と資本」を「いのちの活き」という視点で考えてみました。昨年末の株式市場の暴落をみて、すわリーマンショック再来かと胸騒ぎ、これも干支の循環と同じマネーの循環なのでしょう。21世紀の資本主義の風潮を「マネーゲームだ!」「資本主義の終焉だ!」「拝金主義だ!」と切って捨ててもその循環の流れを断ち切ることはできないことは明々白々。さてさて如何せん。
 
昨年は夢枕獏さんが著書「沙門空海唐にて鬼と宴す」の中で空海の口寄せをして「言葉は器だ。この世で最も大きなものもこの器に盛ることができる。どんな小さなものもこの器に盛ることができる。」無限大の宇宙から極小の素粒子まで現世はすべて言葉の世界だと語っているのを見つけて思わず「これだ!」と膝を打って納得。

                    <図2-1.米ドルに刻まれた「神」の存在>
                     20181218_2

 

 

 
 
 

続きを読む "「お金の『いのちの活き』を資本と仮名した」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/12/11

「円相中の夢」と「胡蝶の夢」と

<「円相中の夢」-龍澤寺 鈴木宗忠老師>
Img_1483_2

長年の縁者から「円相中の夢」が届いた。三島にある龍澤禅寺の鈴木宗忠老師の墨蹟とある。墨蹟に詳しく禅僧とも親しい縁者からの禅問答か。さっそく床の間に懸けてしばし坐して眺めていた。円相は宇宙とか「無」といった禅の悟りの境地を筆にしたものと聞いている。
 宇宙は
無限の広がり、境目はないのだから理屈をいえば、無地の白紙をそのままで描いたことになるのだろうが、それでは書にならないから円を描くのだろう。それにしても宇宙の中に「夢」とはなんだ。「無」のなかから夢が湧いてくるのか。西田幾多郎は相対界の有無と分けるためか「絶対無」と「西田語」を紡いだ。相対界の有無が生じる、万物が生じる泉であり場のことだ。夢もこの「絶対無」から湧いてくるのか。

続きを読む "「円相中の夢」と「胡蝶の夢」と"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/03

「全体と個」の絶対矛盾的自己同一から見る日産の今日的問題(2)

20181203

1. 1.資本も「いのちの活き」

「資本もいのちの活き」の視点から図(1)(2)を図(1-2)(2-2)に書き直してみた。貸借対照表の借方(左)に企業を成り立たせている資産が計上されている。生きものに譬えれば身体だ。その身体を成り立たせている「何か」が貸方(右側)に計上されている。生きものに譬えれば「いのち」だ。そのいのちを資本と名づけている。しかし経営用語としては、なにげなく、「資金調達」と云う。資金とは貸借対照表の借方の項目のことだから“こと”の本質からいうと、正確には「資本(いのちの)調達」というほうがその役割に気づきやすいと思う。そして他人資本とは「他者のいのち」のことであり、己れの未来のいのちの活きによって贖うものだ。株主資本は株主という「他者のいのち」のことだ。かつて株主資本を過去の内部留保も含めて自己資本と名づけていた。企業固有のいのちと錯覚していたのだ。本来企業という存在も、“今ここ”の関係性を生きている存在だから、自己自身として所有するものはなにもない。人間と同じ企業という自己(主体)も、虚無(からっぽ)の器だ。日本の株式市場に上場している企業人の多くが未だにこの変化を確かなものとして受け止めていないのではないだろうか。

続きを読む "「全体と個」の絶対矛盾的自己同一から見る日産の今日的問題(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年3月 »