« 2018年12月 | トップページ | 2019年6月 »

2019/03/17

<「ものづくり」から「ことづくり」へ>-「もの」と「こと」の“あいだ”-

1.時は未来から過去へ流れている

  近年、見聞きすることの多いキャッチコピーです。誰が、「何のために」掲げたのでしょうか。「もの」と「こと」の間の「から」そして末尾の「へ」が気になります。「『もの』から『こと』へ」と聞こえこないでしょうか。失われた30年、とりわけこの20年、日本の企業から新しいものが生まれてこない、というより「もの」が売れないという焦りや苛立ちが背景にあるように思うのですが、いかがでしょう。焦りや苛立ちからは「こと」は作れないのではないかと思うのです。焦りや苛立ちは“今ここ”の心の有り様ですから。

  ひとの意識は、とかく時は過去から未来へ流れていると思いがちです。己れの立っている位置を中心に「ものこと」を眺めると確かにそう思えるのです。目が覚めると夜は朝になっています。ですが、今日が明日になること、過去が未来になることはないのです。今日は昨日になっても明日になることはない。明日は今日になり、今日は昨日になるのですから、時は未来から過去へ向かって流れているのです。

  このキャッチコピーに危うさを感じるのは、どこかに「ものづくり」は古い、これからは「ことづくり」という「過去から未来へ」という意識の流れを感じるのです。どこか過去に軸足を残している、プロダクトアウトのにおいを感じるのです。

続きを読む "<「ものづくり」から「ことづくり」へ>-「もの」と「こと」の“あいだ”-"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/10

「カードは時間の表象」ー他者の存在に気づく契機ー」

  <図1.カードは時間の表象>

20190310_5
1.お客様という他者(客体)
お客様カード」、「意思決定カード」、「リスクカードを引く」の三種のカードは、時を表している。会社盤が「ここ(空)」であり、カード(時・今)が回ってきたとき、「『今』と『ここ』」という時空が口を開ける。時空が開いたときが己れという主体性が刹那に立ち上がるのです。
 
「お客様カード」が存在しない、自ら販売の意思決定をするスタイルの経営体験(図2)では、六角形の盤上をマーケット、市場と呼び盤を取り巻く6人の参加者には他者の存在は見えない、6人は互いに敵同士、自我と自我、主体と主体がぶつかり合う闘争の世界になってしまいます。「より良いものをより安く」「売り込む」という姿勢になってしまうからです。
 
ところがお客様カードは、己れ自身は何も意思表示はしないのですが、突然6人の間に他者として割り込んできます。お客様という共通の他者の存在を介して6人の参加者がお互いを他者として意識するようになります。お客様との場(時空)を介して6人も「場」(関係性)を共有するからです。(図3.-関係性を生きる-)

続きを読む "「カードは時間の表象」ー他者の存在に気づく契機ー」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「なぜチャート3.は『株主資本額』なのか?

       <図1.会社の二重性>
201903101.経営も「もの」と「こと」の間
BST講座の経営体験の場で壁に貼る、チャート3.自己資本額を「株主資本」に変えたとき、親しい縁者から「ブルータス、お前もか!」と詰られました。僕がステークフォルダ型思考からストックフォルダ型思思考に変節したのではないかと誤解されたのです。そうではなく、まったくその反対の理由です。結論を先に言うと、株式会社の存在は法律的には「所有と経営の分離」というのですが、果たしてその二元論で考えてよいのか、多発する企業の不祥事(合法的と称するものも含めて)も中小企業の後継者問題、株式の相続問題も、「所有と経営」を二元論として考えているところに起きているのではないか?「所有『即』経営」の絶対矛盾的自己同一(即非)、経営は「もの」と「こと」との間、「と」として捉える必要があるのではなかと思ったからなのです。

 

続きを読む "「なぜチャート3.は『株主資本額』なのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年6月 »