« 2019年3月 | トップページ | 2019年11月 »

2019/06/21

女心も絶対矛盾的自己同一?

<図1.女心の詩>

201906222019年5月6日GW最終日北ア燕岳に登るべく、JR大糸線穂高駅に降り立った。今日は登山口の中房温泉に宿泊するだけだから、バスを待つ間時間はたっぷりある。駅前の風変りなお店「スプーンカフェ」のドアを押した。この駅頭に立つたびに、変わったお店と首を傾げたが、ドアを押すまでにはいたらなかった。店内は想像を超える驚きのPOPだらけだった。その一つを紹介しよう。
1.絶対矛盾的自己同一そして即非の論理
 図.1は女心を詩っている。男にとって右から読むと天国、左から読むと地獄ともとれる詩だ。コーヒーを飲みながら、これが西田哲学の絶対矛盾的自己同一のことではないかと思った。難解といわれ、論理的に解説することの難しいこの言葉もこの詩を鏡にして映してみると少しは近づけるかもしれないと思った。注釈を加えて「図.2女心も絶対矛盾的自己同一?」と描いてみた。
 絶対矛盾的自己同一は、ヘーゲルのいう「正・反・合」の世界、アウフヘーベンする相対弁証法の世界のことではない、「正・反」のまま、矛盾的自己同一のまま動き行く世界のことだ。
 大乗仏教を欧米に広めた鈴木大拙は、晩年大乗仏教の究極の理として「即非の論理」を造語した。鈴木大拙と西田幾多郎の二人は、若い頃からの生涯の友、その二人が共に、かたや大乗仏教の境地から「即非の論理」、かたや日本的哲学の境地から絶対矛盾的自己同一と造語した。若い世代はともかく、プレもポストもひっくるめて我々団塊の世代の日本人なら誰でも耳に覚えのある般若心経「色即空・空即色」の世界でもある。

<図2.女心も絶対矛盾的自己同一?>

20190621_20190622145901 この詩をまずは右から詠み、次いで左から詠んでみる。さて右か左か「建前と本音」「本音と建前」男はどちらを信じたらいいのだろう。出会った頃は右から、何時のころから左からと変化するのか。そうではない。単純に二元論で分けることのできない、人間の心だ。この様相を鈴木大拙は「即非の論地」という。「A=非A」、AはAのまま、そのままでAではない」と、いう。「一つではないが二つでもない」とも。
2.「と」と「即」 
 日常は当然のことで気にも留めていない「時間と空間」も「時即空」の絶対矛盾的自己同一、気軽に使っている言葉“今ここ”という言葉も現在の居場所として使ってはいるが、現在という時は実在しない。現在(今)とは、過去と未来とを、空間の一点(ここ)で分断する刹那のことなのだ。西田哲学では非連続の連続、過去即未来といっている。現在とは過去と未来が非連続の連続として、過去を包みながら、未来をも包んでいる絶対矛盾的自己同一である、といっている。そして死は過去、生は未来、だから現在とは「死即生」「生即死」死と生のあいだ、生死一如の場のことだ。
 「地獄と極楽」も、「娑婆と浄土」、「此岸と彼岸」も、“今ここ”の現在の絶対矛盾的自己同一であり、二つにして一つ、一つにして二つのこと、言葉で分断して直線的に並べたものではない。
 ヴェルディの歌劇「リゴレット」では「風の中の羽のようにいつも変わる女心・・・・・」と歌っている。これは女心を二元論で分断した一面を歌っているに過ぎない。「幸せになりたいの」だけが女心の真実なのであろう。同じ「女心の唄」でも日本の古い演歌には「貴方だけはと信じつつ恋に溺れてしまったの心変わりが切なくて・・・・・」と女心を歌っている。女心も男心も右と左の間を彷徨っているのだろうか。
 さて後期高齢者の我々世代には、「一緒の墓には入りたくない」「こんな亭主とは今生限り」と宣言する奥様もおられると聞いたことがある。まあ仕事と遊びで家庭を顧みなかった我々世代の男どもは、生死の「あいだ」だけでも添い遂げてくれるというのだから、それはそれで十分感謝しなくてはならないのだろう。
 僕は「散骨してくれ」、と家内と娘に希望を伝えてある。娘は「承知しました。でも死んでしまえば、どうしようとこっちの勝手だから!」と捨て台詞。そうなんだ、己れの死も己れは知ることはできないのだ、己れにとって、己れの死はないのだから、ないものを心配しても始まらないのだ。
  日本語では「と」という一文字が重要な意味をもっている。AとBの「あいだ」のことだ。物事も「物」は空間的かつ過去的であり、「事」は時間的かつ未来的であり、その「あいだ」が「と」である。だから「物事」は「ものこと」、「もの『と』こと」と、「と」をあいだに挟んで「と」を思考することが肝心だ。近年流行りの言葉「ものづくり」「ことづくり」も「もの」「こと」の二元論で分断して考えるから、「こと」はうまく運ばない。「もの」は過去だから作ることはできない。また「こと」は未来だからこれも作ることはできない。西田哲学では、過去と未来の「あいだ」の現在をいのちの活く場、「作られたものから作るものへ」という。現在は過去を抱き、未来を抱いている絶対矛盾の場、だから「ものからことへ」であって、「ものづくり、ことづくり」ではなく、軸足を現在が抱く未来に移しながら過去と未来の差異を埋めていく、「ことのもの化」と思考するといいのではなかろうか?
 「女心の詩」というと女性から「セクシュアル・ハラスメント」と叱られそうだが、「男と女」も絶対矛盾的自己同一、言葉から生じる二元論的意識の仕業、生きものとしての人間の遺伝子もX、Y二つの染色体の絶対矛盾的自己同一なのだ。西田幾多郎の「絶対矛盾的自己同一」、鈴木大拙の「即非の論理」、そして「色即是空」も、この宇宙の理を言葉にしたものではないかと思う。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年11月 »