« 2019年6月 | トップページ | 2020年1月 »

2019/11/22

元祖MMT実践者-山田方谷の事績を尋ねて

<温故知新の匂いをと、備中路に山田方谷の事績を尋ねる>20191027dsc08383
  2019年10月26日松江の企業研修を終え、翌日同行の縁者の車で、古代より人々や文物が出雲と吉備を往還していたであろう山道を走った。今回の備中路を辿る目的は陽明学の泰斗にしてその実践者山田方谷の事績を尋ねることであった。15年前も同じ縁者と山陽道から分け入ったところだ。
 山田方谷は今風にいえば元祖MMT(現代貨幣理論)の実践者といえる。幕末の最後の老中板倉勝静に仕える家老として松山藩の藩政改革(財政改革ではなく)をたった8年で成し遂げた政治家だ。江戸期の藩政改革は米沢藩主上杉鷹山の名が知られているが、鷹山は質素倹約財政改革に100年を要しているが、山田方谷は財政のみならず軍政,民政の改革まで藩政のすべてを改革した真の政治家だ。その顛末は矢吹邦彦著①「炎の陽明学」②「ケインズに先駆けた日本人」に詳しい。74674479_2471012839611985_33939411007029
 山田方谷は藩財政の悪化で信用を失っていた藩札(不換紙幣・浮遊霊)を新しい藩札と交換し、ハイパーインフレで帳消しにしたり、預金封鎖で召し上げることなく、8年で10万両(時価数百億円)の藩の負債を10万両の資産に化かしてしまった。  
 新しい藩札といえども不換紙幣には違いなく、不換紙幣が使われる根拠は発行者に対する信頼であり信用である。その根源は山田方谷に対する藩民、商人からの信頼であり信用だ。上杉鷹山の改革など霞んでしまう。
 山田方谷は陽明学の泰斗だが、陽明学徒がとかく分別したがる朱子学をも重視していた。王陽明の知行合一も論理の学朱子学で基礎を作っておかなければ極めて暴力的な危険な行動に走ってしまうと考えていた。「陽明学の強烈な魅力にひそむ、危険な毒の魔力を、鋭く感じ取ったからである」と著者矢吹邦彦は著している。
 吉田松陰門下の優秀な人材の多くが松陰の残した留魂録の毒にあたり非業の死を遂げ、松陰の残した幽囚録の毒は昭和の日中戦争に続く対米戦の廃墟として現出することを暗示していたのかもしれない。74453049_2471013099611959_32700131007319
 英邁なる陽明学徒と知られた河井継之助は、山田方谷を訪ね、学び、ただ一人方谷を師と仰いだ。しかし藩政改革には成功したものの刹那のズレが藩を賊軍として北越戦争へ導き廃墟にし会津へ向かう道すがら命を落としている。これも陽明学の毒の魔力の性であろうか。
 MMT(現代貨幣理論)はすでに安倍・黒田マジックとして実験されつつあるともいわれている。EUやアメリカでも可能性を探っているが山田方谷が実践したのはまず、藩民の生活の安定、仕事づくり、本来あるべき殖産興業である、トリクルダウンの政策とは真逆、MMT(現代貨幣理論)の毒を制して良薬となすなら、山田方谷の事績の本質を体得することが必須ではないかと、松山城に登城し天守から城下を見下ろしながら思った。20191027dsc08382
<河井継之助と山田方谷>
http://net-ksk.cocolog-nifty.com/keiei/2004/11/post_6.html
<備中松山城>
http://net-ksk.cocolog-nifty.com/keiei/2005/03/post_4.html
 ブログを書き始めた15年まえにも山陽道から一度山田方谷を尋ねたことがあった。越後の英傑河井継之助の最後の決断とその結果もたらされた長岡藩の惨状と本人継之助の非業の死、それが陽明学の必然の帰結なのか。山田方谷の業績を知り長年の疑問が解けたからであった。

| | コメント (0)

2019/11/21

書名「負債の網」エレン・H・ブラウン著を読む

70817876_2386559644723972_42173098806518
書名「負債の網」
著者 エレン・H・ブラウン
出版社 那須里山舎
 MMTのTは「Theory」のT、当然ながら極めて論理的に語られています。だから大部のわりにとても分かり易い、分かりやすいがゆえに著者が書き込めていない「こと」、読者が読み落としてしまう「もの」もあるのかもしれません。「MMT-現代貨幣理論」を裏うちする書として押さえてきたい一冊です。
 昨春公開された映画「KUUKAI」の原作者夢枕獏さんは空海に口寄せしてこう語っています。「この世で最も大きいものそれは言葉、最も小さいものそれも言葉だ」そして「言葉は器だ」と。この世のすべては言葉の器に盛ることができると。人間の生きる現世とは言葉の世界だといっているのでしょう。だからこそ言葉の器に盛れない五官で捉えることができない「何か」があるといっているのだと思います。今日企業でも多様性とかダイバーシティとか声高に語っていますが、器そのものは空っぽの虚の空間、さて多様性、ダイバーシティという器に何を盛るのでしょうか、経営者の価値観がそして経営哲学が問われています。 
 この「MMT-現代貨幣論入門」の中ほどに「『悪』に課税せよ、『善』ではなく」とあります。読者が見落としてしまいがちな大事なフレーズです。所得税の累進税率を上げるのは所得再分配の原資を得るためではなく、企業の経営幹部の悪行を減らすことだとあります。いくら稼いでも徴税されてしまうなら、程よく止めておこうと考えるかもしれない。竹中平蔵さんが声高に叫んだトリクルダウンが起きないことは始めから分かっていたことなのですから。
 平家の怨霊に取り憑かれないように耳なし芳一の身体に書いたお経のようなものなのでしょう。通貨は債務証明書と視点を移動したようにです。
 政府が雇用創出のために財政支出せよ、といったテーマにも多くのページを割いています。けっして福祉政策とか社会主義というステレオタイプの視点ではないのです。
 この「現代貨幣論入門」の器から漏れているのではなかと思われることを掬い上げている器と思われる書物が今年3月に出版された「負債の網」(エレン・H・ブラウン著)です。
 MMT理論の理解に深みをもたらし、今日の世界情勢を通貨の視点から見直す好著です。現代の不換通貨を成り立たせている、眼に見えない貸方は「何か」、その「何か」を浮遊霊にするか「いのちの活き」にするかも己れの価値観次第なのかもしれませんね。通貨も言葉から派生した器の一つですから。

 

| | コメント (0)

書名「MMT-現代貨幣理論入門ー」を読む

70297290_2384862991560304_28118904785285
書名「MMT-現代貨幣理論入門」
著者 L・ランダル・レイ
出版社 東洋経済新報社
 話題の書を読みました。現代のドル、ユーロ、元、円といった通貨はご存知の通り不換紙幣といわれいます「もの」としての価値はまったくありません。近年コンピュータ内の記号になっりつつあって、紙や金属でもなくなりつつあります。
 僕は密かに浮遊霊と名付けてきました。耳なし芳一に取り憑いた平家の落ち武者の怨霊のように、「もの」とか「人」とか「何か」に取り憑いていないと安定しないからです。紙や金属や記号が取り憑くはずはないので、それを成り立たせている「何か」眼に見えないものが取り憑くのだと思っているのです。その何かを僕は浮遊霊と名付けてみたのです。1971年8月15日のニクソンショック以後の通貨ですね。なぜ8月15日だったのでしょうか、謎ですね、今もって僕には。
 浮遊霊はしばらく取り憑いて取り憑かれたものが有頂天になると、あっという間に離れていきます。今年になって金価格が1980年以来の高値を付けたとにぎわっています。金一㌘は古代から一㌘なのにおかしいですね。
1971年8月は一㌘  405円( 1.13米ドル)
2019年8月は一㌘5,000円(48.23米ドル)
 金の本質は同じ一㌘なのに48年前と今とでは、円では12倍、米ドルでは43倍になっています。円高、米ドル高ではなく計る物差しが動いている証しです。今でも日本は輸出立国(貿易立国ではなく)と思っておられる方が多いのですが、さてこの金という視点からみれば、48年間の日本の貿易黒字(米ドルと交換した労働力や資源)の累積は米ドル(紙切れ)と交換することで、単純にいうと3分の一に目減りしたともいえるのです。浮遊霊といわずして何というか。金がいいというわけではなく、視点をどこに置くかで見え方が変わってくるといいたいのです。
 このMMT理論では一国の視点でみれば「輸入は便益であり、輸出は費用である」とあります。紙切れで他国の「もの(労働力・資源)」を買うのですから視点を変えれば、どちらが得しているのかはあきらかです。
 又MMT理論では「自国で通貨を発行している主権国で変動相場制を採用している国なら自国通貨をいくらでも発行できる」ともいっています。プライマリーバランスと言い募っての消費税2%増税の大騒ぎが馬鹿に思えてきます。
 現代の通貨は政府の債務証明書にすぎないともいいます。そうなんです。個人が現預金を資産と思って持っていると複式簿記では、個人の貸借対照表(以下B/S)の借方(左)に記載されています。同時に同額が発行した政府のB/Sには貸方(右)に記載されているはずです。
 だって左と右が必ず一致する複式簿記の恒等式が当てはまるのですから。個人が現預金で納税すると個人のB/Sの借方(左)が減り、政府のB/Sの貸方(右)が減るのです。政府は徴税したお金を事後的に政府支出として使うのではなく、あらかじめ債務証明書としての通貨を発行しておいて、後から徴税して債務を消すのだとMMTはいいます。
 ですから幾ら通貨を発行してもハイパーインフレにはならないと。そしてその債務に本来金利を払う必要もないと。国民は現預金を資産と思って大事にしていても、国家の負債を後生大事に抱えているだけだ、ともいえます。黒田マジックのインフレターゲットも、国家の負債を減らすための旗印、ゼロ金利は国民の預貯金に利子をつけないための旗印なのかもしれません。これでは国民の1、000兆円余りの預貯金は踏んだり蹴ったりです。
 「世界は一家、人類はみな兄弟」と高らかに語ったのは故笹川良一氏でしたが複式簿記的にも必ず誰かの借方(左手)は誰かの貸方(右手)と繋がっています。人類70億人がそして国家はもちろん、企業の、家庭のB/Sも全部右手と左手で手を繋ぎ、その網の上を現代通貨(不換紙幣)が流れているのだと思います。流れているものは紙や金属といった形のあるものではなく、眼に見えない浮遊霊でもあり、「いのちの活き」でもあります。
 複式簿記の借方(左)貸方(右)のイメージを膨らませて読むとこの500ページの大著もとても読みやすくなります。不換紙幣である現預金を借方(左)からみるか貸方(右)からみるかの視点(始点)の移動ができるか、そして借方貸方という西欧的二元論から、東洋的循環論へと視点を移せるか否かではないかと思います。
 読了して引っかかる点が二つ残りました。一つは、政府の貸方と繋がっているさらに奥(始原)の眼に見えない借方(左)は、誰の借方(左)か?、大自然か?、神なのか?。MMT理論では国民の納税義務だ、といっています。ですが、義務は「空」で貸方(右)のはずですから、政府の貸方(右)とは直接つながることはできません。徴税権として繋がっているはずです。通貨発行は徴税権の先行行使なんです。とするとその権利行使(借方)のその奥に控えている貸方(右)は「何か?」、民主主義国家の原理では徴税権を与えているのは国民、さすれば、奥の貸方は国民全体の生活に対する国家が負っている義務ということになるのではないでしょうか。封建国家では国王、専制国家では皇帝の貸方(右)に絶対権力が神のようにあったのでしょう。
 もう一つの疑問は、MMT理論では前提条件を三つ挙げています。
①主権国家で自国の通貨を発行している
②変動相場制を実施している
③政府と中央銀行が一体である。それは政府のB/Sと中央銀行のB/Sを100%連結できること。 
 EU加盟国でユーロを使用している国では、欧州中央銀行(ECB)が加盟国から独立して主権の及ばない上位にあるので、MMTは当てはまらないことになります。今の中国は為替管理をしているとすれば②のところで当てはまるのか否か疑問符が付きます。日本の政府と日銀の関係はどうか?アメリカの中央銀行である連邦準備制度(FRS)とアメリカ政府の関係はどうか?MMT理論では問題にしていませんが、気がかりなところです。
 いずれにしろ国家を統べるリーダー達が視点を変えることができるかどうかにかかってますし、いかなる経済理論も運用を間違えれば、今日のような格差拡大を惹き起こしたり、バブルを起こしたり、紛争戦争といった憎しみの連鎖、果てはハイパーインフレーションといった災危から逃れることが出来ないことには変わりありません。すべては色即是空なのですから。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2020年1月 »