« 書名「生物の世界」今西錦司著 <7日間ブックカバーチャレンジ第一日> | トップページ | 書名「時間と自己」木村敏著<7日間ブックカバーチャレンジ第三日> »

2020/05/16

書名「科学するブッダ」佐々木閑著 <7日間ブックカバーチャレンジ第二日目>

<7日間ブックカバーチャレンジ第二日目>
書 名 「科学するブッダ」-犀の角たちー
著 者 佐々木閑
出版社 角川ソフィア文庫
初 版  2013年10月
Photo_20200516132401  帯には「仏教と科学にまつわる固定観念をくつがえす」とあります。著者は科学を修めた後、仏教、哲学の道を探求された方、それだけに数々の著書は、仏教や哲学への偏見を丁寧に解きほぐしてくれています。
 サブタイトルの「犀の角たち」の意味が最後のページに著されています。仏典「スッタニパーター」から。
 「究極の真理へと到達するために精励努力し、心、怯むことなく、行い、怠ることなく、足取り堅固に、体力、智力を身につけて、犀の角の如くただ独り歩め」と。
 著者は「科学のパラダイムシフトが・・・神の視点から人間の視点への下降」といっています。ニュートン力学に残る”神の視点”を”人間の視点”にシフトしたアインシュタインの相対性理論、そして量子論。ダーウィンの進化論に残る”神の視点”を”人間の視点”にシフトした日本人木村資生の「進化の方向は偶然に大きく左右される。進化とは決してよりよい一方向に進む運動ではなく、出たとこ勝負のでたらめな稼業なのだ。」などなど。
 物理学、進化論、数学、といった科学の分野で「犀の角の如く独り歩んだ」科学者たちの歩みを描いています。そして釈尊の仏教へと。
 なぜ三大宗教の一つといわれる仏教の開祖、釈尊の視点が「神の視点からの下降」なのでしょうか?、仏教は”人間の視点”?、宗教嫌いから仏教をも遠ざける方々にも是非お薦めの一冊です。
 日本人の日本人による日本の哲学を究めた西田幾多郎も、そして生物学にそれを敷衍した今西錦司も犀の角の如く歩んだお一人なのでしょう。
  そうそう犀の角は骨でできているのではなく、毛束が固くなったもので闘うためのものではないのだそうです。新型コロナウィルスとも「闘いだ!」「駆逐しろ!」と声高に叫ぶ元気のいい方も多いのですが、ヒトゲノムの8%はウィルス由来のものだそうですから、過去の生きものが、新型のウィルスと出会うたびに闘っていたら、人間という生きものは存在していなかったのです。もちろん己れ自身さえ。
 生きものはひたすら共生の道を歩んできたからこそ微生物から人類まで無限というしかないほどに多様化してきたのです。共生といったからといって、いつも仲良くしていたわけではなく、苦し紛れに一緒になったり、木村資生の論にあるように偶然だったりするのです。新型コロナウィルスもそんな機会を提供してくれているのかもしれません。「変わろうよ」「変わろうよ」と。
 またまたこのムーヴメントのルールに反して長くなってしまいました。ご容赦ください。
【目的】
●読書文化の普及に貢献するためのチャレンジ
●参加方法は好きな本を1日1冊、7日間連続投稿する
【チャレンジのルール】
●本についての説明はナシで表紙画像だけアップ
●その都度1人のFB友達を招待し、このチャレンジへの参加をお願いする。

|

« 書名「生物の世界」今西錦司著 <7日間ブックカバーチャレンジ第一日> | トップページ | 書名「時間と自己」木村敏著<7日間ブックカバーチャレンジ第三日> »

コメント

本書のタイトル「時間と自己」は今西錦司の「生物は空間的に構造的、時間的に継起的存在である」と通じています。「構造即機能」です。そして「有即時」として、道元の「我有時」とも。
 「ものこと」は「もの即こと」であり、「ものとこと」の「あいだ」が「自己」、「自己」とは、自我ではなく「真の自己」のことです。
 二元論で切り分けると空海のいう「器からこぼれ落ちている何か」、そして「夢を見ているだれか」が忘れられてまうといっているのではないでしょうか。
 そこに「あいだ」の意味、「と」の意味、「即」の意味が込められていると思います。
 生きものとしての人間も、もの的に身体的であり、こと的にいのちが活いていること、「ものとこと」の存在といっているのではないでしょうか。
 やはり「ことづくり」ではなく「ものことづくり」と丁寧に言葉にしたいですね。

投稿: 明賀義輝 | 2020/05/16 13:36

本書あとがきにこう著されています。
「夜、異郷、祭、狂気、そういった非日常のときどきに、私たちはこの「だれか」をいつも以上に身近に感じ取っているはずである。夜半に訪れる今日と明日のあいだ、昨日と今日のあいだ、大晦日の夜の今年と来年のあいだ、去年と今年のあいだ、そういった「時と時のあいだ」のすきまを、じっと視線をこらして覗きこんでみるといい、そこに見えてくる一つの顔があるだろう。その顔の持ち主が夢を見はじめたときに、私はこの世に生まれてきたのだろう。そして、その「だれかが」夢から醒めるとき、私の人生はどこかへ消え失せているのだろう。この夢の持ち主は、死という名をもっているのではないのか。」と。

投稿: 明賀義輝 | 2020/05/16 13:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書名「生物の世界」今西錦司著 <7日間ブックカバーチャレンジ第一日> | トップページ | 書名「時間と自己」木村敏著<7日間ブックカバーチャレンジ第三日> »