2016/10/10

南ア前衛の山鳳凰三山を歩く(ドンドコ沢から三山経由青木鉱泉)

<南精進滝>
20160927dsc03451b2016年9月27日(火)~28日(水)10:30分青木鉱泉からドンドコ沢を歩き始める。過去に二度下ったことがある。下るたびに、ここは登る道ではないと思った道だが、今日はひょんなことから登ることになった。鳳凰小屋まで一日急登の連続だ。
 沢筋を登るので、展望はない、がここは美しい滝を3つも鑑賞しながら歩ける希少な道だ。余裕を持って下ると3つの滝を楽しめるのだが。
 まず2時間ほど歩くと南精進ヶ滝に出会う、ここは登山道から少し入るだけなので、二段の滝を楽しめた。
  白糸の滝、五色の滝は樹林の間から垣間見るだけただひたすら一歩一歩あるくのみ、「だから登るな!といったじゃないか」と己れが己れに文句を云う。いつもの悪い癖がでる。

   
                                                                <地蔵岳から夜明け前>
                            20160928dsc03461b
鳳凰小屋についたらすでに18:00、消灯は19:00だと言う。一皿のカレーライスを急ぎ胃袋に流し込んだ。初めて泊まる小屋だが、食堂は土間夕食はカレーライスと昔の山小屋の風情が色濃く残っている。
 梅酒をひとなめして就寝、いつもの調子で1:30頃に目が覚めて小屋の外へでる。空は満天の星、明日のご来光が楽しみだ。               
                         

 

                                                             
                                      
                                                                                 

続きを読む "南ア前衛の山鳳凰三山を歩く(ドンドコ沢から三山経由青木鉱泉)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/30

立山三山縦走(2)雄山→別山→劔御前一雷鳥沢→室堂

<黎明の雄山山頂>
20160811dsc02383b3:30分満点星の下、小屋を出る。いきなり直登が始まるが、山頂まで小一時間の行程だ。4:30分予定通り雄山山頂に着く。流石に日本三大霊山に似つかわしく大きな社務所がある。
 山頂は神域になっている。鳥居をくぐって山頂に立つには500円を払う。

                            <後立山連峰の黎明>
                      20160811dsc02397b
  鹿島槍ヶ岳の右肩から太陽が神々しく昇ってくる。500円で鳥居をくぐった10人ほどの登山者、若い神主が邪気を払い、祝詞を上げ安全の祈願をしてくれる。初めて山頂で、お神酒をいただいた。西に見える白山霊場、東南に見える富士山霊場でも、祈願をしているのだろうか。
 
 

続きを読む "立山三山縦走(2)雄山→別山→劔御前一雷鳥沢→室堂"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

立山三山縦走(1)室堂→龍王岳→一の越山荘

<イワギキョウ  >
20160810dsc02331b2016年8月10日11:30分室堂平に立つ。浄土山への上り、今年は冬の雪が少なかったせいか花はすでに終わりに近づいている。浄土山への登りにイワギキョウが咲いていた。

                                                                                             <五色ヶ原・薬師岳・黒部五郎岳>
 20160810dsc02313b龍王岳の山頂からの五色ヶ原の緑、その後ろに薬師岳、黒部五郎岳が白雲に遮られながら続いている。歩いて行く己れの後ろ姿が見えるようだ

いのちありて
いつか来た岳
往った峰
今雲の中歩いているか
     -雛鳳-

続きを読む "立山三山縦走(1)室堂→龍王岳→一の越山荘"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/05

中央アルプス千畳敷雪中散歩(2)黎明の南アルプス

   <甲斐駒ケ岳の朝>
20160302dsc02114bここはホテルの部屋に居ながらにして南アルプスの稜線から昇る朝日を拝むこともできる。夜は満点の星空だ。
 とはいえ5:30分スノーシューを装着してカメラを首に千畳敷カールへ出る。
  


                                     <仙丈ヶ岳の朝>
 20160302dsc021262b_2
南北に走る伊那谷を挟んで東に南アルプス、西に中央アルプスの稜線が連なっている。6:08この季節甲斐駒ケ岳と仙丈ヶ岳の間から朝日が昇ってくる。甲斐駒ケ岳から仙丈ヶ岳の稜線が赤と黒、天と地とを切り裂いて神々しい。

 

続きを読む "中央アルプス千畳敷雪中散歩(2)黎明の南アルプス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中央アルプス千畳敷雪中散歩(1)千畳敷

<八丁坂を乗越浄土へ先導する若い登山者>
20160301dsc01991b2016年2月29日(月)ロープウェイで一気に標高2,612㍍の千畳敷カールに立つ、そこにホテル千畳敷がある。山頂駅とホテルは直結している。外は強風と横殴りの雪でも、凍えることなくフロントへ直行、山好きには有頂天なホテルだ。

                              <ホテル千畳敷>
 12:20分20160301dsc01989b高速バスで駒ヶ根に着くと地元に暮らす40年来の古友が待っていた。会って話したのは両手で数えることができる。でも忘れられない友、今回の山行は古友との茶飲み話から始まる。久々に地元のB級グルメ「ソースかつ丼」を味わう。 
  突然携帯に電話、ホテル千畳敷からだ。強風で動かなかったロープウェイを動かすから14:15のバスに乗れと。バス停で、次回の再会を約し、車中の人となる。
 雪の中に建つ一棟のホテル、雪の千畳敷は異次元の世界に入り込んだ気分になる。宿泊者は4人、ということはロープウェイが動いたのは上り一駕籠のみ、あたり前のことだが、すれ違った駕籠は空っぽだ。

続きを読む "中央アルプス千畳敷雪中散歩(1)千畳敷"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/02/25

北八ヶ岳を歩く

    <北横岳山頂を仰ぐ>
20160116dsc01812b
 2016年1月16日12:00ロープウェイで北横岳坪庭の前に立つ。今日はのんびり北横岳ヒュッテ泊り。13:30分山小屋にザックを降ろして山頂へ。

                             <北横岳北峰から南八ヶ岳主峰群>                                                       20160116dsc01835b

  標高2,472㍍の山頂は北ア、中央そして南アと360度の大展望だ。

 

<北横岳南峰から北八ヶ岳の懐>
20160116dsc01850b
南峰からの景気は北八ヶ岳の懐の深さを実感する。南八ヶ岳の主峰群の奥にさらに山並が続いている。初めて泊まる小屋だ。初対面の二人組二組と計5人で囲む夕食の鍋がボリュームたっぷりかつ美味しい。若い方の山自慢、老中世代の山自慢を聞くのもまた楽しい。いつになく長い夕食になった。これもこの山小屋の魅力の一つなのだろう。

続きを読む "北八ヶ岳を歩く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/06

南ア白峰三山縦走(3)奈良田へ

<西農鳥岳から日の出前の富士山 >
20151001dsc01574b2015年10月1日予定通りなら今日は最終日、己のタイムスケジュール通り歩けば、奈良田発最終バスギリギリ間に合うはずだ。
 3:30分小屋の管理人さん、お湯とコーヒーを持って来てくれた。4:00に出立する僕のためだ。

                          <西農鳥岳の御来光>                          20151001dsc01590b

 出立時の熱い一杯の飲み物は有難い。昨日の雲の様子からも今日は午前中から天候が崩れそうだ。管理人さんも早立ちをすすめてくれる。
 早くも4:15分タイムスケジュールに15分遅れた。ヘッドランプの灯り頼りに西農鳥岳を目指す。
 5:00西農鳥岳山山頂、標高3,050㍍。三脚を立てカメラを据えて、しばし行動食を食べながら日の出を待つ。昨シーズンから行動食にカルビーのフルーツグラノーラを持参しているが味もよく好きな量をいつでも、どこでも食べられて便利だ。賞味期限の切れたアンパンの残りも食べる。日の出前後30分の雲の色、山肌の色の変化が美しい。農鳥岳の先に富士山が雲海に浮かんでいる。

続きを読む "南ア白峰三山縦走(3)奈良田へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/04

南ア白峰三山縦走(2)農鳥小屋へ

<櫛形山の黎明>
20150930dsc01478b9月30日4:30分玄関に用意された熱いお茶を一杯啜って御池小屋をでる。有り難い「おもてなし」の一杯だ。
 ヘッドランプを頼りに草すべりを登ること1時間、櫛形山の空が赤く染まり始める

                           


                               <夜叉神峠からの御来光>
20150930dsc01499b
 櫛形山と鳳凰三山の尾根の交わる、夜叉神峠から朝日が昇ってくる。いつどこで遥拝しても、昇る太陽は神々しく又美しい。
 7:00小太郎尾根の稜線に出る、風が激しく吹いている。ここから肩の小屋まで30分、北岳山頂へはさらに小一時間の距離だ。
 肩の小屋でホットココアを頂き、御池小屋の弁当で朝食を済ます。

続きを読む "南ア白峰三山縦走(2)農鳥小屋へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南ア白峰三山縦走(1)白根御池小屋へ

          <鳳凰三山>
20150929dsc01454b2015年9月29日11:00南アルプスの登山口広河原に立つ。歩き始めると立て看板がある。「登りたい山と登れる山の違いを・・・・」と記されている。

                             
                                  <白根御池小屋の秋>
 20100929dsc01472bドキッとする。さて今回の白峰三山は己れにとって、どちらに属するのか?
 なにしろ42年前30歳のとき上司から配属された18歳の新入社員と二人で歩いた縦走路、無邪気に先を行く若者に煽られて難渋した記憶が甦る。                        

続きを読む "南ア白峰三山縦走(1)白根御池小屋へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/06

北ア裏銀座を歩く(第四日)双六小屋から新穂高温泉へ下山

<双六池から弓折岳・笠ヶ岳を望む>
20150802dsc01399b8月2日今日は最終日5:00御来光を拝んで出発。小屋の裏手に双六池がある。弓折岳から笠ヶ岳へ通じる稜線が朝日に輝いている。花街道といわれる道でこの時期多くの花々に彩られる華やかな道だ。これで三年連続この道を下山する。

                            
                               <ミヤマトリカブト>
 
20150802dsc01404b_2ミヤマトリカブトが朝日に映える。ミヤマトリカブト、ミヤマシシウドなど花々が槍穂の岩峰に対峙して美しい曲線美を誇っている。

 

続きを読む "北ア裏銀座を歩く(第四日)双六小屋から新穂高温泉へ下山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧